shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

『ウルトラジャーニー ツインテールな少女とツインテールな僕』第1巻(作:ジコウリュウ 脚本:トオノキョウジ 漫画:閃凡人)

『ウルトラジャーニー ツインテールな少女とツインテールな僕』第1巻(作:ジコウリュウ 脚本:トオノキョウジ 漫画:閃凡人)

 

ウルトラ怪獣擬人化計画』の一つ。

主人公の女の子の外見があまり怪獣ツインテールの面影を残していないなと思っていたら、男女二人が主人公で女の子は「髪型のツインテール」を、男の子は「怪獣のツインテール」を取り入れていると言うのが上手かった。

他にもヒナとナタが一つの命を二人で共有しているのも『ウルトラマン』のハヤタとウルトラマンを思わせるしと、ウルトラシリーズの設定を上手くアレンジしている。

 

靴のかかとを3回鳴らすは確か『オズの魔法使い』だったっけ。キングジョーが心、ミクラスが勇気、ピグモンが知恵に関する話を担っているのも『オズの魔法使い』の心の無いブリキ人形と勇気の無いライオンと脳の無いカカシがモデルと思われる。だったらサバトとパルゴは良い魔女と悪い魔女かな? う~ん。自分は『オズの魔法使い』をちゃんと見ていないのでこの辺りはあまりよく分からない。

 

ウルトラシリーズではあまり無い「異世界モノ」であるが次元の裂け目を『ウルトラマンA』で使われた「空が割れる」を採用する等、あまりウルトラに馴染みの無い題材をウルトラの設定や演出を使ってやっている。ここは『ウルトラ怪獣擬人化計画』の便利さを感じる。『ウルトラ怪獣擬人化計画』を使えばウルトラでここまで色々と出来るんだな。

 

twitter.com