読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「ハードボイルドリバー」 『ウルトラマンオーブ』第18話

「ハードボイルドリバー」

ウルトラマンオーブ』第18話

2016年11月5日放送

脚本 瀬戸大希

監督 武居正能

暗黒星人シャプレー星人カタヒロ 宇宙怪獣ベムラー(強化) 登場

 

渋川さん主演回。

演じる柳沢慎吾さんの魅力全開の回となった。

普段は情けないお笑い要員でも締めるところはきっちりと締めるキャラってやっぱり良いね。

 

テツコは今回初めて出たゲストキャラだが柳沢慎吾さん演じる渋川さんに負けない個性を発揮していた。

それにしても、「徹子」と言う名前を嫌がる年齢と言うのは分かるが、それでも「キャサリン」は無いだろうw 数年経ったら完全に黒歴史だw

 

前回で色々なものを乗り越えた反動からか今回のガイさんは全体的に「ゆるい」。過去を乗り越えたのは良いのだが何と言うか「ヒモっぽさ」が強くなったような…。

 

ジェッタが今まで唱えていた「渋川さんオーブ説」が否定されてしまう。でもこれが「ウルトラマンでなくても渋川さんはヒーロー」と言う流れにもなっているのが上手い。

 

これまでの作品でも手前で等身大戦を奥で巨大戦を行うと言うのはあったが今回は「渋川さんはオーブではない」「ウルトラマンも渋川さんも守る為に戦っている」と言う物語の流れやテーマに沿っていて使い方がかなり上手かった。

その後もオーブと渋川さんの戦いを連動させる繋ぎになっている等、今回は戦闘シーンがちゃんとドラマに組み込まれているのが良かった。

 

『オーブ』は特別チームの隊員が渋川さん一人だけなので、ガイがオーブに変身してしまうと戦えるのが渋川さん一人だけになってしまう。今回はそれを上手く使って渋川さん活躍編が作られた。最後の「あばよ…!」が格好良すぎ!

 

今回のサブタイトルは『ウルトラセブン』の「人間牧場」。