読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「宇宙戦士その名はMAT」 『帰ってきたウルトラマン』制作第49話

帰ってきたウルトラマン

「宇宙戦士その名はMAT ー銀河星人ミステラー星人登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第49話

1972年3月17日放送(放映第49話)

脚本 伊上勝

監督 松林宗恵

特殊技術 真野田陽一

 

銀河星人 ミステラー星人

宇宙戦闘隊隊長

身長 2m~42m

体重 100kg~1万5千t

アテリア星との戦争にMATとウルトラマンを宇宙戦士として利用しようとする。凍結光線でMATを支配下に置き、ウルトラマンと戦わせる。又、元宇宙戦闘隊エースを発見し、娘を利用してウルトラマンと戦わせようとした。地球人に変身し、テレポーテーションやテレパシーを使う。口から新兵器MTファイヤーを撃って元宇宙戦闘隊エースを追い詰めるがウルトラマンに敗退。宇宙船で逃げようとしたところをMATに撃墜される。

 

元宇宙戦闘隊エース

身長 2m~43m

体重 120kg~1万8千t

戦争を嫌い、娘を連れて地球に逃亡した。地球人に変身して平和に静かに暮らしていたが、宇宙戦闘隊隊長に娘を利用されてウルトラマンと戦う事になる。テレポーテーションやテレパシーの他、念動力や凍結能力も持っている。宇宙戦闘隊隊長に戦いを挑むが新兵器MTファイヤーに苦戦。窮地をウルトラマンに救われる。娘は星野輝美と名乗って清泉武蔵野学院に通っている。

郷曰く「地球を愛する宇宙人」。地球に移住できた貴重な宇宙人。

 

物語

次郎君とルミ子さんとのピクニックでミステラー星人と出会った郷。一方、MAT隊員が謎の宇宙人に次々に捕らえられてしまう。

 

感想

いまいちマイナーな話なのだが実は結構重要な話。

 

まずは郷と次郎君とルミ子さんのピクニック。坂田兄妹の事に触れ、次郎君は「兄ちゃんの代わりに郷さん。姉ちゃんの代わりにルミ子姉ちゃんがいるから寂しくないよ」と答える。ここで郷と次郎君の物語は一つの決着をみる。又、姉ちゃんの代わりにルミ子姉ちゃんと言うセリフは次郎君が郷とルミ子さんの仲を認めたと言う意味にも取れる。

 

ルミ子さんは郷に好意を抱き始めているが主演話が1本も無かったのは残念。郷への想いと、次郎君の実の姉アキちゃんへの想いに揺れるルミ子さんと言う話は面白いと思うが…。

 

元宇宙戦闘隊エースの問いに「自分はウルトラマンだと」答える郷。他にも「地球人に代わってありがとうと言わせてもらう」等、ウルトラマンと一体化した事で郷の意識は地球人から離れていったようだ。(テレパシーも普通に使えるようになっているし、ウルトラマンの記憶も使えている)

 

武蔵野学院でのミステラー星人同士の会話シーンはかなり面白い。雪が降ったのは偶然らしいがシーンに非常にマッチしている。

 

「ただ戦うだけの目的で俺はウルトラマンになれない」。

これは郷が自由に変身出来ないと言うより、ウルトラマンの力は何かを守る為にしか使わないと言う意味に思える。

 

ウルトラマン対MATと言う珍しい展開。

隊員が操られる展開は他にもあるが、ウルトラマンと実際に戦ったのはあまり無い。

 

本作の脚本は伊上さん。『帰ってきたウルトラマン大全』(双葉社)では抜け忍のウルトラマン版と書いているが、「アテリア星との戦争はもう30年も続いて泥沼化している」と言うセリフにあるようにベトナム戦争の脱走兵の方が近いと思う。