読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「この一撃に怒りを込めて」 『帰ってきたウルトラマン』制作第46話

帰ってきたウルトラマン

「この一撃に怒りを込めて ーブーメラン怪獣レッドキラー登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第46話

1972年2月25日放送(放映第46話)

脚本 田口成光

監督 鍛冶昇

特殊技術 佐川和夫

 

宇宙参謀 ズール星人

身長 2m

体重 95kg

紙芝居屋のおじさんに変身してウルトラマン不要論の紙芝居を子供達に見せたり郷に無実の罪を着せたりした。真実を知った岸田隊員に射殺される。通信機を使って上司も登場した。

名前の由来は「ズルイ」からだろう。

 

ブーメラン怪獣 レッドキラー

身長 50m

体重 3万8千t

ズール星人が連れて来た怪獣。一度はMATのスーパーカノンに倒されるが、これは罠で二度目は効かなかった。両手がブーメランになっているサイボーグ怪獣で『ウルトラマンA』に登場する超獣の先駆けとなった。ウルトラマンにムチでブーメランを奪われ、最後は十字に切られて倒される。

名前を日本語にすると「赤い殺人者」となる。

 

物語

さあさあ! 今回登場のズール星人。名前の通りズルイったらありゃしない! なんたって、郷秀樹を嘘の交通事故に巻き込んでしまうんだから! そしてズール星人が連れて来た怪獣レッドキラー。なんとMATの新兵器スーパーカノンにもビクともしないんだよ!

 

感想

やはり、ズール星人が紙芝居で自分の計画をバラしてしまう理由が無いのが辛い。どうせなら、視聴者に語りかけるようにすれば良かったと思う。

紙芝居屋のおじさんは次はレッドキラーが生き返る話だと言っていたが、ズール星人の計画だと今度はレッドキラーが勝つ予定なので、どのような話だったのか気になる。

 

「地球の平和を守るのに宇宙人は要らない。君達だって、喧嘩している時に他人が手を出してきたら嫌だろう?」と言う紙芝居屋のおじさんのセリフはなかなか興味深い。その後、MATが自力で怪獣を倒す事でウルトラマンは要らないと思わせる展開も良いのだが、これ以上は突っ込まれなかった。突っ込めばかなり面白い話になっていたのに残念。

 

実際に事故を目撃したわけではないのに紙芝居屋のおじさんの言葉に乗って郷を非難する人々。さりげないが人間心理の怖い一面が垣間見える場面。

 

郷に無実の罪を着せ、「世間はMATをどう思う?」と揺さぶりをかける紙芝居屋のおじさん。卑劣極まりないが侵略者らしくて良い。威厳は無いけど性質の悪さは一級だ。ただし街中で通信機を使うのは止めてほしかった。バレるぞ。

 

「たとえば、かまいたちが起きたとか!?」。

子供を撥ねていないと言う郷の弁明なのだが、いくらなんでもかまいたちは無いだろう。人間、動転すると何を言うか分からない。

 

「悪魔と天使の間に…」と違って、今回の伊吹隊長は郷を信じている。それにしても郷が言ったとは言え、まだ人間の姿をしているズール星人を撃つ岸田隊員って…。

 

原爆と同じ威力だが放射能は0だと言うスーパーカノン。当時は放射能が出ない超兵器がよく出ていた気がする。

 

本作は田口さんの『帰ってきたウルトラマン』最終作。今回は『小学2年生』の別冊付録のストーリーが元になっているらしい。

鍛冶、佐川両監督の『帰ってきたウルトラマン』最終作でもある。特に佐川監督による特撮シーンが面白い。

ところで本作の予告ナレーションは名古屋章さんなのだろうか? 違うような気がする。