読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「郷秀樹を暗殺せよ!」 『帰ってきたウルトラマン』制作第45話

帰ってきたウルトラマン

「郷秀樹を暗殺せよ! ー鼠怪獣ロボネズ登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第45話

1972年2月18日放送(放映第45話)

脚本 斎藤正夫

監督 鍛冶昇

特殊技術 佐川和夫

 

電磁波怪人 メシエ星雲人

身長 40m

体重 2万t

郷=ウルトラマンの暗殺を企てロボネズを送り込み、ロボネズが敗れると白鳥座61番星人のエリカを電磁ベルトで操った。最後は自ら巨大化したがウルトラブレスレットで倒された。額から様々な怪光線を撃つ。

名前の由来はM○○と言う天文カタログを作成した「シャルル・メシエ」からかもしれない。因みにM78星雲も彼の命名。

 

鼠怪獣 ロボネズ

身長 35m

体重 2万5千t

メシエ星雲人が送り込んだロボット怪獣。口から火を吐き、長い尻尾を武器とする。牙には毒が仕込まれていて鼠咬症と似た症状を引き起こす。ウルトラブレスレットで外皮が炎上して『ゾイド』みたいな骨格を現す。名前の由来は「ロボットネズミ」から。

 

白鳥座61番星人

身長 152cm

体重 42kg

メシエ星雲人に父親を殺されたエリカは電磁ベルトで操られてしまう。ペン型の爆弾や電磁ベルトからの光線で郷の命を狙う。メシエ星雲人が倒された後、母親と共に白鳥座61番星に戻ったと思われる。

 

物語

苦戦しながらもロボネズとの戦いに勝利したウルトラマン。しかし、郷の命を狙って白鳥エリカが暗躍する。事件の裏にはメシエ星雲人が潜んでいた。

 

感想

暗殺計画と言っていながら堂々と挑戦してきた『ウルトラセブン』のガッツ星人と違い、メシエ星雲人は正真正銘の暗殺計画を展開した。

 

冒頭のロボネズとの戦いはかなり面白い。倒されると骨格が明らかになるアイデアも見事。メシエ星雲人は自らの手は汚さないイメージがあるので、最後も自分で戦わず、もう一度ロボネズを送り込む展開の方が良かった気がする。(当然。ロボネズは改造されていて)

 

ロボネズが倒されて「当分、平和が続くだろう」と言う伊吹隊長。
やはり、そう毎日事件が起こっているわけではなさそうだ。

 

ウルトラマン夕日に死す」で郷はスキーをしなかったと書いたが今回の話ではスキーに行く予定だったらしい。次郎君が学校である事を考えると1人で行く予定だったのだろう。ひょっとしたら、アキちゃんと行く予定だった蔵王に行くつもりだったのかもしれない。アキちゃんとの楽しかった日々を思い返す為に…。

 

次郎君が貰ったペンを爆弾と見抜いて窓から放り投げる郷。窓の外に人はいなかったのか?

 

エリカに続いて浜村医師も操り、郷に麻酔薬を注射する事に成功したメシエ星雲人。その時に即効性の毒を注射していたら勝っていたのに。

 

海に飛び込んで機体の火を消すマットアローが格好良い。

 

斎藤正夫さんのウルトラシリーズデビュー作。郷の暗殺役を少女にし、次郎君の初恋(?)物語の雰囲気も出した面白い話だった。