読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「星空に愛をこめて」 『帰ってきたウルトラマン』制作第44話

帰ってきたウルトラマン

「星空に愛をこめて ー燐光怪獣グラナダス登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第44話

1972年2月11日放送(放映第44話)

脚本 田口成光

監督 筧正典

特殊技術 真野田陽一

 

宇宙牛人 ケンタウルス星人

身長 150cm~50m

体重 40kg~1万t

MATの高性能レーダーを破壊する為、広田あかねに変身して地球に潜入するが、優しい心を持った地球人を愛してしまい、逆にグラナダスに殺されそうになる。助けてくれた岸田隊員がレーダーの開発者と知って苦悩する。岸田隊員に別れのペンダントを渡した後、正体を明かしてグラナダスに特攻、体内の爆薬によってグラナダスと共に果てる。

「地球人の為に勇敢に戦った宇宙人」。

 

燐光怪獣 グラナダ

身長 47m

体重 2万5千t

ケンタウルス星人と共に高性能レーダーを破壊する為に送り込まれた。両目から燐光を、口からミサイルを放つ。舌も伸びる。あかねの特攻によって果てる。

 

物語

郷と岸田隊員は謎の燐光に襲われるあかねと言う女性を助ける。あかねに一目惚れした岸田隊員。その一方で郷は燐光の正体を探る。

 

感想

助けた次の日には既に結婚の事を考える岸田隊員。気が早すぎ!

郷とアキちゃん、『ウルトラセブン』のモロボシ・ダンとアンヌ隊員の進展具合を考えると光速並みの早さだ!ひょっとして、これが初恋だったのではないのだろうか? いずれにしろ25歳とは思えない思考回路。

 

あかねに振られた後、マットビハイクルでグラナダスに特攻を仕掛ける岸田隊員。この展開は「毒ガス怪獣出現」と似ている。岸田隊員は死なずにすんだが、やはりあかねのペンダントのおかげだろうか?

 

あかねの正体を即座に宇宙人と見破った郷。テレパシーでも使ったのだろうか?

因みにあかねは郷の事を完全に宇宙人扱いし、郷もそれを否定しなかった。

 

「同じ宇宙人でも、あなたは地球の平和の為に戦い、地球人に愛されている。しかし、私は悪い事をしに地球にやって来た」と言うあかねのセリフからウルトラマンとあかねの関係が対になる。

あかねもウルトラマンと同じく地球の平和の為に戦い地球人に愛される事になるのだが、ウルトラマンが最後は自分の星に帰ったのに対し、あかねは自分の星に帰れずに地球で眠りについた。

 

あかねは体内に爆薬を仕掛けられていた。

最初からあかねは地球を襲う気は無く、指令で無理矢理させられていたのかもしれない。

ところで、あれだけグラナダスに破壊されてレーダーは無事だったのだろうか?

 

ケンタウルス星人のデザインがえらく不評だが今回は異形の者同士の愛を描いているので、あれで良かったと思う。

 

パトカーのようにサイレンが付いているマットビハイクル。妙に気になる。

 

郷があかねと話をしているところを見てしまう次郎君とルミ子さん。何かあるのかもと思ったら何も無くて残念。ルミ子さんの気持ちを見たかった。

 

実はこの話は岸田隊員とあかねが出会ってからわずか2日足らずの物語となっている。その為、展開が駆け足になってしまったのだが、その部分は岸田隊員役の西田さんの演技で見事カバーしている。

思えば初期のシリアスな展開に後半のコミカルな展開と『帰ってきたウルトラマン』の作品カラーは西田さんによるところが大きかった気がする。

 

本作は筧監督の『帰ってきたウルトラマン』最終作。

筧監督はこの後『ウルトラマンA』と『ウルトラマンT』のメイン監督を務めている。思えば、この話も『ウルトラマンA』の対オリオン星人戦に繋がっているような気がする。

 

「あなたは素晴らしい事をしたんですよ。あなたはこの地球で初めて宇宙人の心に触れる事が出来たんです」。

「いつか、きっと、宇宙に住んでいる人達全員と友達になれる日が来るでしょうね」。