読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「魔神 月に咆える」 『帰ってきたウルトラマン』制作第43話

帰ってきたウルトラマン

「魔神 月に咆える ー魔神怪獣コダイゴン登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第43話

1972年2月4日放送(放映第43話)

脚本 石堂淑朗

監督 筧正典

特殊技術 真野田陽一

 

発砲怪人 グロテス星人

身長 160cm~45m

体重 120kg~2万t

村人に変身して伊吹隊長の妻と娘を人質に取ってMATに解散を突きつけた。蓮根神社の御神体を怪獣コダイゴンにする。両手がマシンガンになっている。テレポーテーションも使える。ウルトラブレスレットで真っ二つにされた。

名前の由来は「グロテスク」からだろうか? 嫌味な隊長は嫌い。

 

魔神怪獣 コダイゴン

身長 50m

体重 3万8千t

グロテス星人が蓮根神社の御神体を怪獣にしたもの。両手から火炎を出し、剣も使う。グロテス星人が倒されると元の御神体に戻ったが照れて後ろを向いてしまう。

名前の由来は「古代」からだろうか? 劇中では未呼称。

 

物語

隊員の勧めで休暇をとった伊吹隊長だったがグロテス星人が妻と娘を人質に取ってMATに解散を要求。伊吹隊長の苦闘が始まる。

 

感想

MATの隊長として、家庭の長としての伊吹を描いた話。劇中でMATの事を商売と言っているように特別チームは職場にすぎない。人間には職場での顔と家庭での顔があるので、今回のように家庭での話を描く事でキャラクターに厚みを持たせる事が出来る。

 

伊吹隊長はニューヨークで長い間暮らしていたが典型的な日本人のお父さん。今回の帰省先での姿がはまっていたので、逆にニューヨークでの生活が想像つかなくなってしまった。(ニューヨークの大通りを歩いている伊吹隊長ってなんか似合わない)

 

伊吹隊長の娘の美奈子が再登場。前回に続き今回も父親がMATの隊長であった為に酷い目に遭う。しかし、将来はMATに入りたいと思うなど強い子だ。それと前後して、MAT基地で丘隊員(隊長代理?)が他の隊員に指示を出しているのが楽しい。

因みに『帰ってきたウルトラマン』から25年後の『ウルトラマンティガ』で初の女性隊長が登場する。でも、隊長になったら家庭は犠牲にしなければいけなくなってしまう。

 

「嫌味な隊長だ」、「星人に涙は無縁」、「グロテス星と地球が仲良くなるには」等、名(迷?)ゼリフ満載なグロテス星人。わざわざ変身ポーズをとって煙と共に登場する等、真にナイスなキャラ。

 

伊吹隊長が帰省する前から村にいたのは不自然と突っ込まれる事があるが、最初は伊吹隊長の妻の両親を人質に取るつもりだったのではないだろうか?(せっかくの休みなのに自分の実家に帰らなかったところを見ると伊吹隊長に両親はいないのではないだろうか)

 

悪いのはグロテス星人なのに伊吹隊長やMATに詰め寄る村人。それでもMATの隊長として村人を守らなければいけない。第2期ウルトラシリーズは人間の醜い部分をさらけ出させるのが得意だ。

今回の伊吹隊長やMATに向けられた村人の怒りは『ウルトラマンA』の対ヒッポリト星人戦でウルトラ戦士にも向けられてしまう。(同じ筧監督作品)

 

「お神渡りが観光化したんで神様がお怒りになった」とあるようにコダイゴンを不敬な人間への天罰と見る事も出来るが、グロテス星人のキャラが強すぎて、その部分は殆ど取り上げられなかった。

 

ドラマ部分では伊吹隊長の苦悩と村人の醜い部分を描き、映像では神秘的な蓮根湖のお神渡りを、戦闘シーンでは剣を使った珍しい戦いを見せた本作。最後にキチンとオチまで付いて、かなりの秀作だと思う。