読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「バルタン星人Jrの復讐」 『帰ってきたウルトラマン』制作第41話

帰ってきたウルトラマン

バルタン星人Jrの復讐 ーバルタン星人ジュニア登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第41話

1972年1月21日放送(放映第41話)

脚本 長坂秀佳

監督 佐伯孚治

特殊技術 佐川和夫

 

宇宙忍者 バルタン星人Jr(4代目)

身長 ミクロ~45m

体重 ほぼ0~3万t

初代ウルトラマンに倒されたバルタン星人の子供。用意周到な「ビルガモ作戦」を展開する。ビルガモ敗北後に姿を現して「勝負はまだ1回の表だ」と言って去ったところを背後からスペシウム光線を受けて消滅。死んだのか? それとも…。

個人的には初代バルタン星人の子供だと思う。なんとなく。

「フォッフォッフォ」と笑わず、日本語を流暢に話す。翻訳機か? テレパシーか? それとも駅前留学か?

 

ロボット怪獣 ビルガモ

身長 55m

体重 6万8千t

建設中のビルにカモフラージュされていた。両腕、目、足の各パーツと合体する。内部に次郎君とMAT隊員を閉じ込めて人質とした。頭部から波状光線、両手からショック波を出す。人質に逃げられ、ウルトラブレスレットで破壊された。

名前の由来は「ビル+カモ」だと思う。グッズにしたら案外売れるかもしれないナイスなデザイン。

 

物語

ビルにバルタン星人が現れたと言う次郎君。

次郎君の言葉を信じて進少年が調査に乗り出すが行方不明になってしまう。そして進少年を救出しに次郎君、郷、MATがビルの中に入るが逆に捕らえられてしまった。

これこそバルタン星人Jrの「ビルガモ作戦」だったのだ!

 

感想

先に言ってしまうと中途半端な話。郷と次郎君の話とバルタン星人Jrの話のどちらを優先させるかで混乱してしまった感じ。

怪獣クレジットで宇宙人は表記しない原則を破ってバルタン星人Jrが表記されたように結局はバルタン星人Jrの話を優先させる事になったようだ。第4クールの目玉として過去の怪獣や宇宙人の再登場が検討されていたので仕方が無いが、現在の視点で見ると、郷と次郎君の話を優先してほしかったと思う。(ただし、脚本は完成作品と違って、郷と次郎君の関係に焦点を当てていたらしい)

 

次郎君が聞いた坂田さんの声。その正体はバルタン星人Jrだった。なんか次郎君が可哀相。

途中で本物の坂田さんの声が聞こえるシーンが欲しかったが「君ぐらいの年齢になれば死んだ人が生きている人に話しかけるなんて信じちゃいけない」と言う郷のセリフを聞けば仕方が無いかもしれない。確かに現実でそんな事はありえないから。

 

ビルの中で赤い液体を踏むと壁に引きずり込まれる仕掛けが面白い。壁から出る雲状のモヤモヤもなかなか良い。

 

色々と罠があるビルガモ作戦。実は東京、MAT、ウルトラマンの打倒と壊滅が目的と言うスケールの大きいもの。かなり都合の良いところがあるが、おそらく他の方法を使っても結局は同じ展開になるよう更なる罠があったのだろう。面白いのはこのビルガモ作戦、実は人間の信頼感や友情を逆手に取った部分が多い。

 

戦闘シーンが豪華。火薬がバンバン使われている。なんたってウルトラマンのスーツまで燃えてしまっている!

 

ウルトラマンのカラータイマーが赤く点滅しているのに宣言だけして去ったバルタン星人Jr。そのまま戦ったら勝てたのに! そんな勝ち方では嫌なのか?

 

スペシウム光線を受けて消滅したバルタン星人Jrは倒されたようにも見えるがテレポーテーションで逃げたようにも見える。ひょっとしたら再登場の予定があったのかもしれない。出来れば最終回にバット星人の替わりに出てほしかった。

 

因みにバルタン星人Jrの父親を倒したのは初代ウルトラマン。実は人違いだ。まぁ、デザインが似ているし、どちらもウルトラマンと呼ばれているので間違えるのも無理は無い? バルタン星人ウルトラマンの2世対決と言うのは面白いが。

 

「兄ちゃんは君付けしない」と言う次郎君の厳しい言葉。これをウケて郷は次郎君の事を呼び捨てにするようになる。しかし「次郎君のお兄さん代わりではなく、一番良い友達になる」と郷は言う。やはり坂田さんの存在は大きかったようだ。

ラスト、次郎君は郷の事を「先輩」と言い、郷は次郎君の事を「後輩」と言う。兄弟にはなれなかったが、人生の先輩後輩と言う関係になった。この2人の関係は最終回に繋がる。

 

本作の脚本は長坂秀佳さん。『人造人間キカイダー』、『快傑ズバット』等のメインライターとして有名。今回の郷と次郎君の関係は『ウルトラマンA』の北斗星司と梅津ダンの関係に似ている。

又、後に東映不思議コメディシリーズを担当する佐伯孚治監督の初登板作でもある。