読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「冬の怪奇シリーズ 20世紀の雪男」 『帰ってきたウルトラマン』制作第39話

帰ってきたウルトラマン

「冬の怪奇シリーズ 20世紀の雪男 ー雪男星人バルダック登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第39話

1972年1月7日放送(放映第39話)

脚本 田口成光

監督 筧正典

特殊技術 真野田陽一

 

雪男星人 バルダック星人

身長 3m~48m

体重 70kg~6万t

240年周期で地球に大接近する絶対温度零度の星バルダックから送られて来た。権現山の雪男(イエティ)伝説を利用して地球の資料を集めていた。遭難した秀男の体を乗っ取り東京にやって来る。口から冷凍ガスを吐いて東京を氷付けにした。妙に鳴き声が可愛く、視聴者にキチンと説明してくれる親切な宇宙人。ウルトラブレスレットの火炎で消滅させられ、バルダック星も破壊されてしまった。哀れ…。

 

物語

権現山の雪男(イエティ)伝説を追い求める秀男と洋子であったが秀男はイエティを発見するも行方不明になってしまう。その後、洋子の前に秀男が帰って来るが…。

 

感想

前回で暗くハードな話は極めてしまった感があるので今回からは明るくコミカルな話が続く。やや物足りないところはあるものの安心して楽しめるようになった。

 

「冬の怪奇シリーズ」と言う事で熊谷プロデューサーお得意の怪談民話ものが登場。

でも日本に雪男伝説は無い。イエティだって元々はヒマラヤでの呼び名だったはずだが…。展開も雪男と言うより雪女に近い。

 

ヒマラヤと諸条件が似ているから権現山にも雪男はいると言う秀男。しかし、ヒマラヤでも雪男は確認されていないはずだが…。それにバルダック星人は全然雪男に似ていないぞ。

 

今回の岸田隊員はかなりコミカル。西田さんはこちらの方が合っている気もする。シリーズ初期と同じく、雪男の存在について郷と意見が対立するが、コミカルな岸田隊員のおかげでシビアな展開にはならなかった。

 

今回はルミ子さんの紹介編でもあり、家族関係が語られている。なんとなく『ウルトラマンT』の白鳥家に似ている設定。

今のところ、郷とルミ子さんは次郎君を介した関係に留まっている。MATが洋子の話を信じなかった為か、郷に対するルミ子さんの態度はまだよそよそしい。

 

今まで意識的に使えなかった透視能力を使ってバルダック星人の宇宙船を発見する郷。ウルトラマンとの一体化がさらに進んだようだ。

 

東京が氷付けにされる場面はなかなか見事。

それにしても今回もウルトラブレスレットは凄い。バルダック星人や宇宙船を破壊しただけでなく、バルダック星そのものも破壊してしまった。『ウルトラマン』のバルタン星人並の大量虐殺ではないのか?

星一つを破壊すると言う、今までに見られなかった威力を発揮したウルトラブレスレット。おそらくウルトラマンは最初はウルトラブレスレットの性能を完全には発揮できていなかったが、様々の戦いを経て、坂田兄妹の死を乗り越え、初代ウルトラマンウルトラセブンの友情を得てウルトラブレスレットの性能を完全に発揮できるまでに成長したのではないだろうか。この後もバラバラ状態から復活する等、ウルトラブレスレットは凄まじい性能を発揮し続ける。

長年の研究が実るかもしれないのに崖から落ちそうになった洋子を助けて安全を確認した秀男。こういう場面があったので最後に生き返って良かった。ところで、事件解決後の2人はどうしたのだろうか? 雪男は宇宙人だったと言う論文を発表して無事結婚したのだろうか?

 

今回は全体的にテンポがゆっくりで、どこかのどか。だからこそ最後のハッピーエンドに繋がったのかもしれない。

 

特殊技術の高野、大木両監督が抜けた為、本作から東宝の真野田陽一監督が参加している。真下から見上げる演出がなかなか効果的。