読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「ウルトラの星光る時」 『帰ってきたウルトラマン』制作第38話

帰ってきたウルトラマン

「ウルトラの星光る時 ー暗殺宇宙星人ナックル登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第38話

1971年12月24日放送(放映第38話)

脚本 上原正三

監督 冨田義治

特殊技術 大木淳

 

暗殺宇宙人 ナックル星人

身長 2m~43m

体重 250kg~2万t

ウルトラマンを倒してナックル星に連れ去った。宇宙船団で宇宙ステーションV1を破壊し、MATを支配下に置くが、初代ウルトラマンウルトラセブンの登場で形勢は逆転。宇宙船団を破壊され、自身もウルトラ投げで倒される。最後のあがきでサターンZを仕掛けるが、それも郷に解除されてしまった。目から怪光線を撃つ。

 

用心棒怪獣 ブラックキング

身長 65m

体重 6万t

再びナックル星人と共にウルトラマンと戦うが、訓練されていない技スライスハンドで首を切られる。

 

初代ウルトラマン

身長 40m

体重 3万5千t

ウルトラマンの危機にウルトラセブンと共に駆けつけた。ハヤタ隊員に変身する。ウルトラの星作戦でウルトラマンを復活させた後、スペシウム光線でナックル星人の宇宙船を破壊する。

 

ウルトラセブン

身長 40m

体重 3万5千t

同じくウルトラマンの危機に駆けつけた。モロボシ・ダンに変身する。ウルトラマンを復活させた後、エメリウム光線で宇宙船を破壊する。

 

物語

ウルトラマンの敗北、宇宙ステーションV1壊滅、ナックル星人に支配されてしまったMAT。

絶体絶命の状況の中、初代ウルトラマンウルトラセブンが…!!

 

感想

遂に実現した歴代ウルトラ戦士集結!

ハヤタ隊員とモロボシ・ダンも登場し、音楽が『ウルトラマン』、『ウルトラセブン』、『帰ってきたウルトラマン』と繋がる展開は感動モノ。

因みにこの時点ではウルトラ兄弟の設定はまだ使われていない。

 

ウルトラマンを倒し、MATに無条件降伏を迫るナックル星人。

「いつもウルトラマンの力を借りているくせに。お前達の守護神ウルトラマンは二度と現れん」はきついセリフだ。

 

宇宙船団に破壊された宇宙ステーションV1。

加藤隊長は他の宇宙ステーションにいたのだろうか? 気になる。

スペースアローは今回セリフのみの登場で実際に出撃する事は無かった。

 

前編でサターンZを平和利用すると言った伊吹隊長だが、ナックル星人を倒す為にサターンZを武器として使う事を決断する。この時の苦渋の表情がなかなか良い。

 

ナックル星人に催眠状態にされた南隊員はちょっと怖い。

それにしても催眠が解けた振りをさせて他の隊員を誘き寄せるとは上手い。

今回は丘隊員の強さがさりげなく出ている。格闘が出来る女性隊員は珍しい。

 

初代ウルトラマンウルトラセブンがクロスする事でウルトラマンにエネルギーを注入するウルトラの星作戦。初めて劇中でウルトラの星が語られたが、ウルトラ戦士の出身地を指す言葉ではなかった。(主題歌では毎回歌われているが)

 

ナックル星人に電磁波で基地の機能を麻痺させられていたMAT。

ウルトラマンが宇宙電波研究所のパラボラアンテナを破壊して基地の機能が回復するとウルトラマンへの救援に駆けつける。

今回は落石を使って本編と特撮部分を上手く繋げていた。

 

ウルトラマンは前編では怒りにまかせて敗れてしまったが今回は怒りはあるものの冷静さは失わず見事勝利を治めた。

友情で強さを引き出したと言う展開が見事。精神力で強さが左右されるのは過去には無い展開だった。

 

村野ルミ子登場。ただし郷の新しい恋人としてではなく次郎君の姉代わりとして。実はルミ子さんは次郎君と一緒にいる事はあっても郷と二人きりになった事は殆ど無い。

 

スケジュールの都合だったアキちゃんはともかく、どうして坂田さんまで死ななければならなかったのか?

おそらくルミ子さんとの関係であろう。あまり仲良くなるのもアキちゃんの事を思うと複雑だし、かと言って距離を置くのも不自然。どう付き合えばいいか悩むのは坂田さんより郷の役割であろう。

アキちゃんの死とルミ子さんの登場は坂田さんの居場所を無くしてしまったのだ。

 

帰ってきたウルトラマン大全』(双葉社)の解説にある、前編で坂田さんとアキちゃんと言う兄妹を失い、後編で初代ウルトラマンウルトラセブンと言う新たな兄弟を得たと言う解釈は見事だと思う。

 

劇中にあるとおり、今回の放映はクリスマス・イヴだった。

 

本作は冨田、大木両監督の『帰ってきたウルトラマン』最終作。冨田監督はテロチルス編以外の前後編を全て担当し、大木監督は夕日をバックにした戦闘シーンを演出し、両者とも『帰ってきたウルトラマン』のイメージカラー確立に貢献した。