読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「ウルトラマン夕陽に死す」 『帰ってきたウルトラマン』制作第37話

帰ってきたウルトラマン

ウルトラマン夕陽に死す ー用心棒怪獣ブラックキング登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第37話

1971年12月17日放送(放映第37話)

脚本 上原正三

監督 冨田義治

特殊技術 大木淳

 

暗殺宇宙人 ナックル星人

身長 2m~43m

体重 250kg~2万t

宇宙電波研究所を秘密基地にしている。シーゴラスとベムスターを使ってウルトラマンの能力を研究し、さらに坂田さんとアキちゃんを殺害して郷の動揺を誘った。怒りにまかせたウルトラマンをブラックキングと2人がかりで倒してしまった。

 

用心棒怪獣 ブラックキング

身長 65m

体重 6万t

ナックル星人の切り札。ウルトラマンの技を破れるよう訓練されている。スペシウム光線やウルトラブレスレットも通じない強豪。口から白い煙や赤い光線を吐く。ナックル星人と2人がかりでウルトラマンを倒してしまう。

劇中では語られていないが『ウルトラマン』のレッドキングの兄と言う設定。かつてない最強怪獣を出したかったのだろう。

 

竜巻怪獣 シーゴラス(再生)

身長 62m

体重 5万2千t

ナックル星人に再生されたが以前に現れたシーゴラスだろうか? やはり角を折られた事が致命傷になったのだろうか? 今回はスペシウム光線で角を折られている。竜巻怪獣なのに津波を起こす。

 

宇宙大怪獣 ベムスター(再生)

身長 46m

体重 6万1千t

ウルトラマンの能力を研究する為にナックル星人によって再生された。前回と同じくウルトラブレスレットで敗れる。

 

物語

ウルトラマン抹殺を企むナックル星人は坂田さんとアキちゃんを殺害して郷の動揺を誘う。怒りに身をまかせたウルトラマンはナックル星人の罠にはまり敗れ去ってしまう。

 

感想

帰ってきたウルトラマン』事実上のクライマックス。『ウルトラセブン』の「セブン暗殺計画」をモデルにしたらしいが衝撃度はこちらの方が遥かに上。何と言っても、ウルトラシリーズで初めてレギュラーが死んでしまう。

 

坂田さん考案のスタビライザーがマットビハイクルに装備される事になった。結局、流星2号は完成しなかったが坂田さんの意志は残せたと思う。

アキちゃんの死も衝撃的だったが自分は岸田さんのファンだったので坂田さんの死の方がショックだった。

 

「アキちゃんの入れたコーヒー飲むの久し振りだな」、「それだけお見限りって事よ。近頃、冷たいんだから」。

久し振りの郷とアキちゃんの会話。

郷はアキちゃんに正月にスキーに連れて行く事を約束するが、それが果たされる事はなく、この後の話で雪山に行く事があっても郷がスキーをする事は無かった。

 

郷の壊れた時計を直しに行くアキちゃん。店員に郷の事を「背はスラッと高くてハンサムで、優しくて思いやりがあって、忙しいのが玉に傷、でもとってもいい人」と説明するが、その情報でどのような時計を紹介しろと言うんだ? 店員さんが困っているぞ。でも、アキちゃんらしい。

この後、郷とアキちゃんの時間が止まってしまう事を考えると、このシーンは物凄く辛い。

 

脅威の液化火薬サターンZ。

1滴でタンカーを爆発、ニトログリセリンの6000倍の威力、タバコの箱程の量で富士山を吹き飛ばせると物騒な事この上ない。中央連山を無くしてダムを建設すれば日本はますます豊かになるとはいかにも当時の発想。今なら自然破壊との批判を受けるだろう。

 

ナックル星人が再生したシーゴラス、ベムスターとの連戦。途中、ウルトラマンはウルトラブレスレットを付けていないが突っ込んではいけない。

又、対シーゴラス戦でカラータイマーが赤く点滅しているが対ベムスター戦では青に戻っている。おそらくウルトラブレスレットのエネルギー回復機能だろう。ここで一回使ってしまった為、直後の対ナックル星人、ブラックキング戦ではエネルギーを回復できなかったのではないだろうか?

 

坂田さんとアキちゃんの死は直接の描写があってショッキング。さすがにちょっとやりすぎでは?

 

2人の死により郷の心は嵐の海のように荒れ狂う。怪獣出現の報を受けて決意の表情で病室を出る郷は見ていて震える程に格好良い。

 

病院の屋上から飛び降り自殺をして変身する郷。

おそらく今の心理状態ではウルトラマンは力を貸してくれないと思ったのではないのだろうか?(「タッコング大逆襲」) しかし、飛び降りてしまえば、ウルトラマンが力を貸してくれなければ郷が死んでしまう。郷の捨て身の賭けだった。

しかし、ウルトラマンと郷の意思はかなりシンクロしていた。郷と同じくウルトラマンも坂田さんとアキちゃんの復讐を誓っていた。郷がウルトラマンの影響を受けていたのと同じく、ウルトラマンも郷の影響を受けていた。あまりにも人間くさいウルトラマン。ヒーローとしては失格かもしれないが感情移入できる存在であった。

今更言うまでもないが、ウルトラマンの弱い部分を表現した菊池英一氏の功績は大である。

 

ウルトラマンは人間と同じ情操を持っている。郷秀樹は人間であって人間でなく、宇宙人であって宇宙人でもない。不思議な奴だ」と語るナックル星人。

はたして、ウルトラマンと郷は宇宙人なのか? 人間なのか?

答えは「両方さ、貴様のような宇宙の掟を破る奴を倒す為に生まれてきたのだ」だろう。

 

題名にあるとおり、夕日をバックにした悲壮感溢れる戦い。ここまで夕日が似合うウルトラ戦士は他にいない。

丘隊員が顔を伏せた時、見ているこちらもウルトラマンの敗北を悟ってしまった。

 

卑劣極まりないナックル星人だが、本気で地球を侵略するのならここまでするべきだろう。悪役としてはウルトラシリーズでもトップクラスの存在感だった。人間体を演じた成瀬昌彦さんの不敵な演技も見事。

 

因みに宇宙人と怪獣がタッグを組んでウルトラ戦士と戦うのはウルトラシリーズ初の試み。

 

アキちゃんの死は賛否両論あるだろう。ただし、スケジュールの関係だったのでスタッフを責めるのは酷かもしれない。今回の反省を生かしてか『ウルトラマンT』の白鳥さおりは役者を代えてそのまま登場させている。

 

ウルトラマンは、我々ナックル星人の手で葬った。ウルトラマンは、死んだ!」。