読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「残酷! 光怪獣プリズ魔」 『帰ってきたウルトラマン』制作第35話

帰ってきたウルトラマン

「残酷! 光怪獣プリズ魔 ー光怪獣プリズ魔登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第35話

1971年12月3日放送(放映第35話)

脚本 朱川審

監督 山際永三

特殊技術 佐川和夫

 

光怪獣 プリズ魔

身長 35m

体重 1万8千t

物質近くまで限りなく凝縮された光。南極の氷の中に封じ込められていたが太陽黒点の変化と共に活動を開始した。光がエネルギー源で昼間は太陽の光を、夜間は人工の光を求めて彷徨う。オーロラから白い霧となって出現する。あらゆる物質を結晶体に変化させた後に光に変えて吸収する。MATのフリーザー作戦で冷やされた後、等身大のウルトラマンが内部に侵入、スペシウム光線で熱膨張を起こして爆発、白い粉となってオーロラの中に消えていった。

「プリズ魔」と命名したのは次郎君。襲われた船長は「白い悪魔」と称した。名前の由来は「プリズム」から。

 

物語

船や灯台が次々と消滅する事件が起きた。何かが日本に迫って来ていると推理した坂田さんは郷と一緒に予測地点に向かう。

 

感想

名優・岸田森さんが朱川審名義で脚本を担当した異色作。印象に残るセリフが多く個人的に好きな作品。出来れば『怪奇大作戦』でも岸田さんの脚本作品を見たかった。

 

セリフも面白いが鏡や光を使った映像も面白い。ウルトラマンとプリズ魔の光の戦いは既に異次元世界の雰囲気で『ウルトラマンA』を思い起こさせる。

 

郷と坂田さんのツーショットは意外と少ない。

ところで次郎君は何時間も車のトランクの中にいて苦しくなかったのだろうか?

今回もアキちゃんが出ないのは不自然だった。

 

郷が坂田さんと出かけた時、MATではプリズ魔に襲われた人間の調査を行っていたが、郷はMATに呼び出されなかったのだろうか?

 

次郎君を助けようとして痛めた足を悪化させてしまった坂田さん。
その足でも懸命に車を運転する。降板前、最後の活躍だった。

 

プリズ魔の設定と倒し方は前半の坂田さんと次郎君の会話で示されている。その為、ウルトラシリーズの中でも特にセリフを注意して聞かなければいけない話。自分は初見ではあまり気合を入れて見ていなかった為、プリズ魔がどうして倒されたのか分からなかった。

 

時間が足りなかったせいか、最後がかなり唐突。出来れば坂田さんに何か締めの言葉を言ってほしかった。

 

「光は生物にとってなくてはならないものだが、一ヶ所に集中すると非常に大きな破壊のエネルギーになる」。

坂田さんの言葉だが、光が人間にとって脅威になるかもと言う設定が興味深い。

ウルトラマンは光が実体化した光の巨人だが、同じく光が実体化したプリズ魔はウルトラマンと対になる存在と言えるのではないか? どちらも寒さに弱いし、光線を武器にしているし。

 

本作は山際監督の『帰ってきたウルトラマン』最終作。

山際作品には一癖も二癖もある脚本が揃っているが、それら各脚本家の個性を引き出しながら、自分の考えもしっかり入れてくるところはさすが。