読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「許されざるいのち」 『帰ってきたウルトラマン』制作第34話

帰ってきたウルトラマン

「許されざるいのち ー合成怪獣レオゴン登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第34話

1971年11月26日放送(放映第34話)

脚本 石堂淑朗(原案・小林晋一郎)

監督 山際永三

特殊技術 佐川和夫

 

合成怪獣 レオゴン

身長 50m

体重 3万5千t

水野一郎が発見したαレオン電磁波でトカゲとウツボカズラを合成して誕生した。水野曰く「動物でも植物でもない新しい命」。卵から孵った。背中の突起から蔓を出して相手を巻き取る。βレオン電磁波を照射されると死ぬらしい。ウルトラブレスレットで動物と植物の部分を切り離されて爆発炎上した。「レオゴン」は水野自身の命名。

原案の小林晋一郎さんによると当初は『ウルトラマン』のベムラーに似た2足歩行タイプだったらしい。

 

物語

郷の小学校時代の親友だった水野一郎。彼は宇宙の生命は本来一つだったと言う持論に基づいて動物と植物の何人にも越えられない境界線を打ち破った新しい生命を誕生させる。

 

感想

原案の小林さんは当時高校生。第1期ウルトラシリーズのファンであった小林さんは『帰ってきたウルトラマン』に違和感を感じ、自分で何本かのストーリーと怪獣デザインを作って円谷プロに送った。その内の1本が本作。当初の題名は「狂った生命」だったらしい。

この後、小林さんは『ゴジラVSビオランテ』の原案も担当しているが、孤独な科学者、動物と植物の合成、芦ノ湖が舞台と殆ど同じ。よく問題にならなかったものだ。

顔を洗う坂田さんやMAT基地で居眠りする上野隊員等、細かいところの演技が面白い。

 

夜なのにアキちゃんがいない。スケジュールの都合なのは分かっているが、やはり不自然。

 

よく語られるように水野は子供のまま大人になってしまった人物だ。郷に独身主義者と答えている事からも人付き合いは殆ど無かったのだろう。今で言えばオタクやひきこもりだが、人間が成長するには他人の存在が必要。小学校時代は親友だった郷と水野が現在は対極に位置するようになってしまったのは周りに誰かいるかどうかだった。

 

水野は万が一の時は研究所を子供の遊び場として解放するよう遺書を残していた。次郎君は水野は最初から怪獣が誕生する事を知っていたと言うが、それでは次郎君を脅す必要は無いので遺書を書いたのは郷にレオゴン抹殺を頼まれる前後であろう。水野なりに決着を付けたかったのだろうが、やはり死んでしまっては真の解決にならない。水野にはレオゴンを自らの手で葬って生きて償いをしてほしかった。(でも、レオゴンにあんな甘えた声で呼ばれたら行ってしまうのも分かる気がする)

 

本作を語る上で外せないのがPYGの『花・太陽・雨』。この曲が流れると共に映し出される郷と水野の小学校時代の思い出が70年代らしくて良い。結局、水野は小学校時代の思い出の中に逃げてしまった。

 

水野のキャラクターが石堂作品と言うより市川作品に近いので市川さんの脚本で見てみたかった。(もっとも脚本と完成作品では水野のキャラクターは違うらしいが)

 

最後に次郎君、レオン電磁波照射器は燃えない気がするんだけど…。