読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「怪獣使いと少年」 『帰ってきたウルトラマン』制作第33話

帰ってきたウルトラマン

怪獣使いと少年 ー巨大魚怪獣ムルチ登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第33話

1971年11月19日放送(放映第33話)

脚本 上原正三

監督 東條昭平

特殊技術 大木淳

 

宇宙調査員 メイツ星人

身長 210cm

体重 68kg

地球の気候や風土の調査にやって来た宇宙人。念動力で自分の宇宙船やムルチを地下に封じ込めた。地球の汚れた空気に体を蝕まれて宇宙船を掘り出せなくなってしまった。金山と言う人間に変身して良と言う少年と親子のように暮らしていたが暴徒と化した人間達に殺されてしまった。

実はゼラン星人と同じマスク。

 

巨大魚怪獣 ムルチ

身長 48m

体重 1万t

1年前にメイツ星人によって地下に封じ込められた。メイツ星人が人間に殺された為に復活。何の因果かメイツ星人の体を蝕んでいた排気ガスのもとを破壊していく。口から火炎を吐くがスペシウム光線を受けて炎上した。

「ムルチ」は沖縄の言葉。劇中では未呼称。

 

物語

あの子が宇宙人なのかい? あいつ宇宙人だぜ。 えぇ、宇宙人ですって…。あの子宇宙人なのよ。 あいつは宇宙人だ! この宇宙人野郎!!

 

感想

ウルトラシリーズ最大の問題作。東條昭平監督のウルトラシリーズデビュー作でもある。インタビューを聞く限り、東條監督自身は差別問題に特に関心があったわけではなく、上原さんもあそこまで生々しくするつもりはなかったと語っている。しかし、そんなスタッフの思惑を遥かに超えて本作は生まれてしまった。

 

誰かが覗いているような絵、虐められる良と焚き火、首吊り縄のような紐、冷たく寒い雨と視線、流され続ける排気ガス、極端な構図等、映像的にかなりの実験がされている話。

 

ウルトラマン対ムルチ戦は雨が降りしきる中、建物から火柱が登ったりしてかなりの迫力。

 

「日本人は美しい花を作る手を持ちながら、一旦、その手に刃を握ると、どんな残忍極まりない行為をする事か」と言う伊吹隊長のセリフに本作のテーマは示されている。

人間は自分以外の存在を異質として排除しようとする気持ちがある。特に日本は島国のせいか、日本人以外の民族を自分達とは異質な存在と見る気持ちがある。

 

良を差別する街の人間は宇宙人を恐れている。しかし、多数になると良を執拗に虐める。最後に暴徒と化した群衆が良を自分達で処刑しようとするが1人や2人なら絶対にしなかったであろう。多数だから出来たのだ。群れた人間ほど恐ろしいものは無い。群れる事で恐怖は薄らぎ、怒りや憎しみや悲しみが無限に増大する。過去に暴徒と化した群衆によっていくつの悲劇が生まれた事だろうか?

しかし、伊吹隊長が言うように人間には醜い部分だけでなく美しい部分もある。相手が誰であろうと差別せず、パン屋としてパンを売ったお姉さん。本作で唯一救いがある部分だ。

 

暴徒と化した群衆、自分の仕事を全うしたパン屋のお姉さん、良、郷、伊吹隊長、メイツ星人。自分は一体どの位置にいるのだろうか?
多分、直接手を下さず、助けもしない、絶対に当事者になろうとしない、噂話をするだけの街の人々だろうな…。

 

「勝手な事を言うな! 怪獣を誘き出したのはあんた達だ。まるで金山さんの怒りが乗り移ったようだ…」と言う郷のセリフ通り、メイツ星人の体を蝕んでいた排気ガスのもとを破壊していくムルチ。

エレドータス、キングストロン等に続き、怪獣を怒りや破壊衝動の具現化として描いている。

 

人間の醜い一面をまざまざと見せ付けられ、戦う気力を失ってしまった郷。しかし、ウルトラマンとして、MATとして戦わなければならない。
何故なら、街には醜い人間だけがいるわけではない。美しい心を持った人間もいる。あのパン屋のお姉さんのように…。そんな人々の為にウルトラ戦士や特別チームは戦うのだ。

この事は『ウルトラマンT』の「白い兎は悪い奴!」で語られている。

 

虚無僧として現れる伊吹隊長は様々な解釈が出来るが、本作におけるイメージとしての父親なのだろう。良や郷を見守る存在としての。

東條監督の話では虚無僧は伊吹隊長本人らしい。おそらく伊吹隊長は郷がウルトラマンである事を知っていたのだろう。

 

調査の為にやって来て、人間の為に怪獣と戦い、ボロボロに傷付いたメイツ星人。どこかウルトラセブンモロボシ・ダンを思い出す。モロボシ・ダンウルトラ警備隊と言う仲間を得たが、もしかしたら、メイツ星人のような運命を辿る可能性もあったのではないだろうか?

 

メイツ星人のマスクはゼラン星人と同じ。

狙ったわけではないだろうが、本作と「悪魔と天使の間に…」は対になっている。「悪魔と天使の間に…」は輝夫を宇宙人と疑わなかった為に惨事が起き、本作は良を宇宙人ではと疑った為に惨事が起きた。
この世の中には色んな局面がある。絶対に正しい方法なんて無い。だから、その局面ごとで自分の今の行いは正しいのかと常に自問する事が必要なのだと思う。

 

「おじさんは死んだんじゃない。メイツ星に帰ったんだ。おじさん、僕が着いたら迎えてくれよ。きっとだよ」と言いながら延々と宇宙船を掘り出そうとする良。この地球にさよならをしたいのだ。
その様子を見ていたのは郷と上野隊員。天涯孤独だったが、今はMATと言う家があり、伊吹隊長と言う父がいる2人だった。(ところで郷の母親は死んでしまったのか?)

 

「地球は今に人間が住めなくなる」と言う良。単に空気が汚れている事を指しているのではないだろう。他にも汚れていっているものがある。それは人間の心…。