読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「落日の決闘」 『帰ってきたウルトラマン』制作第32話

帰ってきたウルトラマン

「落日の決闘 ー変幻怪獣キングマイマイ登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第32話

1971年11月12日放送(放映第32話)

脚本 千束北男

監督・特殊技術 大木淳

 

変幻怪獣 キングマイマイ

身長 幼虫・40m 成虫・48m

体重 幼虫・1万5千t 成虫・2万5千t

竜神岳の地下に氷付けで眠っていた。幼虫時は爆発性のあるオナラが武器。上野隊員の爆弾で右腕を失ってしまう。美しい夕焼けの中、幼虫から成虫に変態する。成虫時は口から繭を吐き、死んだ振りで相手を騙したりする。体内に放り込まれたウルトラブレスレットの爆発で炎上した。

劇中では未呼称。

 

物語

竜神岳の異変を極秘に調査する事になった怪獣警察NAT。さっそく電車で出発だ!

 

感想

飯島監督が『帰ってきたウルトラマン』で唯一関わった作品。全体的に『ウルトラQ』の飯島作品を彷彿とさせるホノボノ系で「悪魔と天使の間に…」や「怪獣使いと少年」と辛い話が続く中、ホッとさせてくれる話となっている。

 

本作は特殊技術の大木監督が本編も兼ねた珍しい作品。過去では『ウルトラマン』で円谷監督の例があったのみ。(ただし、クレジットでは特殊技術が高野監督になっていた)

 

今回は田舎の風景が全編に渡って描かれている。都会だと悲惨さと迫力を伴う怪獣が暴れる場面も今回はどこかのどかに感じられる。

 

第2期ウルトラシリーズでは珍しい等身大のウルトラマンが見られる。

 

さすが大木監督だけあって夕焼けの中のウルトラマン対キングマイマイ戦は美しいの一言。黄金色のウルトラマンが良い!

 

キングマイマイが死んだと思ったら生きていたのシーンはキングマイマイを殺してしまった(と思った)ウルトラマンの悲しみを丁寧に描いていて、かなり笑える。

 

飯島監督の脚本だけあってギャグが楽しい話。「ザマス」と言う婦人や気弱な駐在。そして電車で調査に行くMAT(出来れば、電車の中のシーンを入れて欲しかった)。上野隊員の爆弾でキングマイマイの右腕が吹っ飛ばされた時は思わず大声で突っ込んでしまった。

 

ところで今回も岸田隊員がいない。「呪いの骨神オクスター」も今回も田舎が舞台だったが田舎には行きたくないとか?(本当は西田健さんのスケジュールの関係だろうけれど)

 

右腕が吹っ飛ばされたキングマイマイ。成虫になったら元通りにあった。何故?