読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「悪魔と天使の間に…」 『帰ってきたウルトラマン』制作第31話

帰ってきたウルトラマン

「悪魔と天使の間に… ー囮怪獣プルーマ登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第31話

1971年11月5日放送(放映第31話)

脚本 市川森一

監督 真船禎

特殊技術 高野宏一

 

宇宙怪人 ゼラン星人

身長 165cm

体重 45kg

言葉が不自由な輝男少年に変身して周囲を欺いた。郷にだけテレパシーで話しかけて周囲と孤立させる事に成功した。プルーマを操り、謎の装置でウルトラブレスレットをも操った。目から発する光で人間を消し去る事も可能。最後は真相に気付いた伊吹隊長に射殺された。

「地球人は子供を大切にしてくれるな」。

 

囮怪獣 プルーマ

身長 47m

体重 3万t

ゼラン星人に操られる怪獣で学校や病院の地下から出現した。囮怪獣でウルトラマンに倒される事が前提になっているが、口からの赤い光線はなかなか強力で、至近距離からのスペシウム光線にも耐える強豪。ウルトラブレスレットで首を切り落とされて泡となって消えた。

劇中、ゼラン星人は「プルーマー」と呼んでいた。

 

物語

伊吹隊長の娘・美奈子が連れて来た言葉が不自由な少年・輝男の正体はゼラン星人だった。輝男(ゼラン星人)は郷にテレパシーで話しかけてくる。

 

感想

俗に言われる「11月の傑作群」。

帰ってきたウルトラマン』初の宇宙人登場。

地球怪獣より強い宇宙怪獣、その宇宙怪獣をも支配下に置く宇宙人と敵がドンドン強くなっていく。バトルものを長く続けていく中、敵のパワーアップは必要な要素。

 

娘には甘い伊吹隊長。親バカと言われる事もあるが親なんてこんなものだと思う。大抵の親は子供には良き親でありたいと思うもの。しかし、これは明らかに公私混同でMATの隊長としては失格であった。

 

ゼラン星人の策略にはまり孤立してしまった郷。

いきなり子供を殺そうとしたら取り押さえられるのは当然なので、まず信じてもらえるだけの証拠を集めるべきであった。ただ闇雲に「信じてください」と言ってもそう簡単には信じてくれない。

 

伊吹隊長の「私はあの子を何かの偏見で他人を騙したり、疑ったり、差別したりするような人間には育てたくないんだ」は素晴らしいセリフだが今回の伊吹隊長は偏見で人間を差別していた。

一つは郷の言う事を信じず、妄想としたり精神鑑定にかけたり郷の方こそ宇宙人ではと疑った事だ。たとえ信じられなくても輝男の身辺を調べるくらいはするべきだった。

もう一つは輝夫の事を少しも疑わなかった事。娘の友達なのも関係しているが、おそらく子供や障害者は純粋で他人を騙したり悪い事はしないと思っていたのだろう。しかし、子供や障害者だって嘘を吐いたり悪い事をしたりする事もある。子供や障害者だから純粋で嘘を吐いたり悪い事はしないと決め付けるのもある意味差別だ。当の子供や障害者は子供だから障害者だからと特別扱いされて嬉しいのだろうか? それは大人や健常者のエゴなのではないのだろうか?

ラストシーンで「人間の子は人間さ。天使を夢見させちゃいかんよ」と娘に真実を伝えに行く事にした伊吹隊長。今回の件で伊吹隊長は他人を見た目で判断する事は無くなったのだろう。

子供だから障害者だから天使と言うわけではない。子供も障害者も我々と同じ人間なのだ。

 

ゼラン星人にコントロールされ、ウルトラマンに襲い掛かるウルトラブレスレット。このアイデアは見事。ある意味、ウルトラマン最大の危機だったかもしれない。

ところで今回のウルトラブレスレットは明らかにいつもより威力があった。今までウルトラマンは能力を抑えて使っていたと考えられる。

 

輝男がテレパシーで郷に話しかける場面、光と闇に隔てられた地下室、プルーマが死ぬ墓場、霊安室でのゼラン星人の最期等、暗示的な場面が数多くあり、物語だけでなく映像的にも見所が多い。

 

伊吹隊長は今回の件で郷がウルトラマンだと言う確証を得たのではないだろうか?

 

本作は市川さんの『帰ってきたウルトラマン』最終作。

ゼラン星人とプルーマの設定は市川さんがメインライターを務めた『ウルトラマンA』のヤプールと超獣に繋がっていく。怪獣があまりドラマに絡まない市川さんだったが侵略者の兵器と言う設定で見事に乗り切った。

又、高野監督の『帰ってきたウルトラマン』最終作でもある。高野監督はこの後『ミラーマン』の特技監督を担当している。