読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「この一発で地獄へ行け!」 『帰ってきたウルトラマン』制作第27話

帰ってきたウルトラマン

「この一発で地獄へ行け! ー八つ切り怪獣グロンケン登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第27話

1971年10月8日放送(放映第27話)

脚本 市川森一

監督 筧正典

特殊技術 高野宏一

 

八つ切り怪獣 グロンケン

身長 62m

体重 4万3千t

信州の観音寺にある観音像を両手の回転ノコギリで切断した。ウルトラブレスレットで首と両手を切断され、ウルトラキックで止めを刺された。どう考えても野生の生物とは思えないので、バックに宇宙人か何かがいると考えるのが妥当だろう。

劇中では未呼称。どこかヤンキーみたいなデザイン。

 

物語

信州の観音寺で観音像が何者かに切断される事件が起きた。

一方、郷はキックボクサーの三郎と知り合う。

 

感想

三角関係と言う点ではテロチルス編と同じだが今回は爽やかな話。個人的には本作の方が好きかな。

 

帰ってきたウルトラマン』の前番組『キックの鬼』の主人公だった人気キックボクサー沢村忠選手がゲスト出演した話として有名。真空飛び膝蹴りで郷をノックアウトしてしまう。強いぞ!

 

空中回転キック、別名ウルトラキック。ウルトラマンは毎回使っているのに伝説の技扱いなのが面白い。

それを特訓して会得した三郎は凄い。ひょっとしたら才能あるのでは? それとも本番に弱いのか?

 

郷が息子の知り合いと分かった途端に怪獣は幻だったと言って郷を家に案内する三郎のお母さんが面白い。

 

三郎からのチケットを「恋人の分も欲しい」と笑顔で返すアキちゃん。かなり残酷だ。しかし、恋人がいる事を隠した方が最終的にはもっと残酷な結果になっていたのかもしれない。

 

ウルトラマンの戦いと三郎の試合が交互に映し出される。
そしてウルトラマンは勝つが三郎は…。

 

三郎は郷とアキちゃんの事を思ってわざと負けたのか、それとも技を出したくても相手が強くて出す余裕が無かったのか、どちらにせよ三郎が負けた事に変わりは無い。

しかし、試合に負けてキックボクサーを辞めても、三郎が人間としてこれからも生き続けていく事に変わりは無い。今回の負けも長い人生の中の一つの出来事に過ぎない。これから満足のいく、自分は勝ったと思える人生を送れたら三郎は勝った事になる。一度負けたからと言って全てが終わってしまうなんて事はないのだ。

「勝つだけが意地じゃないだろ? 意地で負ける事だってあるさ」と語る三郎。彼のバッグにはウルトラマンのお面が付いていた。

勝つ事だけが求められ、負けた瞬間に全てが失われてしまう物語が多い中、負けた事にも意味をもたせた話だった。

 

本作の脚本は市川さん。相変わらず人間ドラマが上手い。ただし市川作品は人間や宇宙人が魅力的な反面、怪獣の行動にあまり理由が無いと言う弱点もある。本作もグロンケンはどうして両手が回転ノコギリだったのか、どうして観音像を切断したのか一切語られなかった。そこを押さえてくれればと思う。