読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「怪獣チャンネル」 『帰ってきたウルトラマン』制作第21話

帰ってきたウルトラマン

「怪獣チャンネル ー電波怪獣ビーコン登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第21話

1971年8月27日放送(放映第21話)

脚本 市川森一

監督 筧正典

特殊技術 高野宏一

 

電波怪獣 ビーコン

身長 37m

体重 1万3千t

電離層で誕生した新種の宇宙怪獣。電波を吸収して逆に独自の電波を発するのでテレビ局と同じ機能を持っている。目から赤い光線を撃つ。かなりの強豪だったがウルトラブレスレットの前に敗北した。結構可愛い。

「ビーコン」は航空標識と言う意味。

 

物語

午前4時、テレビに旅客機の事故映像が映し出される。

午後1時、怪獣の正体判明。

午後2時、MATと怪獣ビーコンの戦闘。

午後…。

 

感想

とにもかくにもビーコンが可愛い。特にウルトラマンのカラータイマーの点滅をじっと見ているシーンが可愛い。

 

テレビの深夜放送がまだ無かったり、アマチュア無線が趣味の子供が出たりと当時を感じさせる話。

 

メロドラマに熱中する母ちゃんが良い味出し過ぎ! 「春彦さん」が妙に耳に残ったあのメロドラマはその後どういう展開だったか少し気になる。

 

「ヘマをするなよ」との加藤隊長のセリフも空しく、ビーコンに敗れ、その模様を中継されてしまったMAT。しかし、今回は長官や参謀からのお叱りは無し。ちょっと意外。

 

ビーコンが電波を求めて街を破壊するシーンは迫力ある。ひょっとして、今までで一番街を破壊したのでは?

 

出来れば、ウルトラマンとビーコンの戦いをテレビ中継で人々が見る展開が欲しかった。

 

尚、今回のウルトラマンは立ったまま姿が消えていく珍しい退場シーンだった。