読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「怪獣は宇宙の流れ星」 『帰ってきたウルトラマン』制作第20話

帰ってきたウルトラマン

「怪獣は宇宙の流れ星 ー磁力怪獣マグネドン登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第20話

1971年8月20日放送(放映第20話)

脚本 石堂淑朗

監督 筧正典

特殊技術 高野宏一

 

磁力怪獣 マグネドン

身長 65m

体重 5万t

北極の地底に眠っていたがダム建設で弱った地殻を狙って出現した。口から炎や赤い光弾を吐き、背中に電流を流せる。全身がマグマの塊でバラバラになっても雷を受けて復活した。常に地球から磁気を得ていて地球上では不死身だったので、ウルトラマンに地球の磁気が及ばない星に連れて行かれてウルトラブレスレットで爆破された。

名前の由来はマグネット(磁石)から。

 

物語

ダムの近くにマグネドンが出現! MATは次々と作戦を繰り出すがマグネドンを倒す事が出来ない。

 

感想

第2期ウルトラシリーズのイメージカラーを作った石堂淑朗さんのウルトラシリーズデビュー作。アニミズム、怪談、民話と言った石堂作品のキーワードが既に出ている。

 

またまた解散の危機に追い込まれたMAT。

佐竹参謀が言うように、MATは常に100%の結果を求められている。怪獣を倒せない怪獣攻撃隊はいらないのだ。(しかし、MATを解散させた後にマグネドンをどうやって倒すつもりだったのか疑問は残る)

 

アキちゃんの制止を振り切り戦いに向かう郷。

「こんなに私が止めても?」はアキちゃんだからこそのセリフ。

「こんな時、女子供は足手まとい」と言う次郎君はちょっと酷い。アキちゃんが可哀相。

 

MAT解散の危機やアキちゃんの想い等、見るべき点がたくさんあるが、それらは全てマグネドンがいかに凄い怪獣かを見せる為の設定に過ぎない。実は今回の話は『帰ってきたウルトラマン』より『ウルトラマン』の作りに近い。

 

MATがマグネドンに対して次々と作戦を繰り出すのは『ウルトラマン』の佐々木・実相寺コンビの作品を思い出す。又、後の『ウルトラマンT』の展開にも繋がっている。

 

今回の郷は片手を上げて変身ポーズをとって変身する。過去にも自分の意思で変身した事があるが今回はかなり明確。

又、ウルトラマンになっても郷の声が聞こえる。郷とウルトラマンの意思がさらにシンクロしたと言う事か。

 

今回から変身の時に郷の体を光の渦が包むようになる。

 

ところで最初にマグネドンの尻尾に弾き飛ばされた時、どうして変身しなかったのだろうか?

 

怪獣と人間を同じ画面に合成したり、宇宙空間で戦ったり、7色のウルトラマンが見られたりと映像的に見応えがある話。音楽的には『ウルトラセブン』からの流用が目立った話だった。

 

石堂さんは一つ一つのシーンを必要最小限の短さにし次々と場面を変える事でテンポ良く話を進めた。その為、多くの要素を物語に組み込む事に成功している。

 

ところで、ダムは結局どうなったの?