読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「大怪鳥テロチルス 東京大空爆」 『帰ってきたウルトラマン』制作第17話

帰ってきたウルトラマン

「大怪鳥テロチルス 東京大空爆 ー始祖怪鳥テロチルス登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第17話

1971年7月23日放送(放映第17話)

脚本 上原正三

監督 山際永三

特殊技術 高野宏一

 

始祖怪鳥 テロチルス

身長 60m

体重 1万8千t

テロチルスは学名で文献にも載っている。白亜紀翼竜で肉食で獰猛らしい。悪島が噴火する恐れがある為、条件がよく似ている東京を新たな巣にしようと口から吐く白い糸で銀色の城を作る。翼で突風を起こし、鼻から針状の光線を撃つ。ウルトラマンと激しい空中戦を繰り広げるが最後は地上に叩きつけられ、銀色の城もMATの熱線砲によって焼き払われた。

 

物語

脱走した三郎は由紀子を人質にテロチルスの巣があるビルに立て籠もる。

 

感想

テロチルスの話と三郎の話を見事に絡めた作品。ただし時間が足りなかったせいか、後半は駆け足でドラマが終わってしまった。やはり、この手のドラマは2時間が丁度良いのだろうか?

 

あまりにもコロコロと心変わりする由紀子。それが今回の話を複雑にしていくのだが、由紀子に全ての非があるわけではない。由紀子が心変わりしてしまう理由が三郎と横川にはあったのだ。

帰ってきたウルトラマン大全』(双葉社)では、由紀子は自分を守ってくれる存在を求めていたとある。横川も三郎も由紀子の事を愛していたのだが、文句しか言わない横川はいざとなったら逃げてしまい、自分の想いを暴力でしか表せない三郎はビルが崩れた時に由紀子を守らずテロチルスを倒そうとする。あの時、由紀子を守ろうとしたのは実は郷だけだった。

 

今回はさりげなく公害問題も取り上げている。

坂田さんが言うとおり東京も住みにくくなってしまったものだ。