読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「二大怪獣の恐怖 東京大龍巻」 『帰ってきたウルトラマン』制作第14話

帰ってきたウルトラマン

「二大怪獣の恐怖 東京大龍巻 ー津波怪獣の恐怖 竜巻怪獣シーゴラス登場ー」 

帰ってきたウルトラマン』制作第14話

1971年7月2日放送(放映第14話)

脚本 上原正三

監督 冨田義治

特殊技術 佐川和夫

 

津波怪獣 シーモンス

身長 43m

体重 3万5千t

爬虫類で卵生。卵を産む為に船に積んであった宝石の原石を襲った。角で突き上げる攻撃が得意。普段はおとなしいが産卵期には気性が激しくなる。夫のシーゴラスと共に角を発光させて竜巻を起こした。MATに片目を潰された後、シーゴラスと共に逃げた。

 

竜巻怪獣 シーゴラス

身長 62m

体重 5万2千t

海底から地中に移動。妻のシーモンスの助けを聞いて出現。角は津波や竜巻の他、放電を起こす事も可能。角をMATのレーザーガンSP70で折られてしまい、シーモンスと共に逃げた。

 

物語

ウルトラバリアーで津波を押し戻したウルトラマンだったがエネルギーを使い果たしてしまい敗退。

MATは伝説の歌を基にシーモンスとシーゴラスの謎を解いていく。

 

感想

ウルトラ念力の強化版ウルトラバリアー(劇中ではバーリア)で押し戻される津波は迫力満点。

結果、ウルトラマンはエネルギーを使い果たして負けてしまう。『帰ってきたウルトラマン』ではウルトラマンがよく負けるがその負け方は毎回違っている。

バリアーを張られる(キングザウルス三世戦)、2大怪獣に挟まれる(グドンツインテール戦)、戦う前にエネルギー切れ(シーモンス、シーゴラス戦)、鳥怪獣相手に空中戦(テロチルス戦)、スペシウム光線を吸収(ベムスター戦)、心の乱れ(ナックル星人、ブラックキング戦)等。

 

シーモンスとシーゴラスは生態が細かく設定されていて、それらが全て物語に絡んでいるところが素晴らしい。同じ前後編の為に比べられる事が多いグドンツインテールはただ喰う喰われるだけしか説明されておらず、登場も人間ドラマの都合に合わせていたので怪獣の描き方は今回の方が上手い。

 

伝説の歌にある海と天と地の怒り。海が津波なのは分かるが、天と地を合わせて竜巻なのはちょっと強引。天を竜巻にして、地を地震にした方が良かった。ただし話を前後編でまとめられなくなるし、これ以上予算を使うわけにはいかないので仕方が無いかも。

ところでシーモンスとシーゴラスはさり気に『帰ってきたウルトラマン』最強怪獣なのでは?

 

「いざとなった時、ウルトラマンが助けに来てくれる」と言う工場長。
やはり一般の視点から見ればそうなるか。

 

MATと自衛隊は別組織。それも仲が悪そう。

自衛隊は民間企業の要請で出動したが、それは建前で本音はMATから怪獣攻撃の主導権を奪いたかったのではないだろうか? MATの上層部は旧日本軍関係者が占めていたが、自衛隊も旧日本軍出身者が多く、両者は派閥闘争を繰り広げていたと考えられる。(だから岸田長官が直々に喝を入れに来た)

 

「都民に安らぎを」と言う岸田長官。対グドンツインテール戦とは大違い。今回もスパイナーを使うと言わなくて良かった。因みに佐竹参謀がいないがどうしたのだろう?

 

MAT不要論が出ると言う科特隊やウルトラ警備隊では考えられない展開。しかし、怪獣を退治する為に存在するMATが怪獣を倒せないのなら不要論が出ても仕方が無い。視聴者はMATの努力を知っているが、劇中の人々は結果しか知らないのだから。(実際、我々が公務員に対して持っている認識も劇中のMATに対する人々の認識とあまり変わっていないと思う)

 

津波に続いて今回は竜巻。津波に比べるとあまり話題にならないが今回の竜巻も圧巻の出来。特に本編にも竜巻の被害を入れているので、ややチグハグな部分があった津波よりこちらの方が完成度は上。

竜巻を鎮めた技はウルトラ念力だろうか?

 

今回のウルトラマンは身軽。前転や側転を次々に繰り出す。

 

「許せ! お前達は力を持ちすぎた」はシーモンスとシーゴラスだけでなく怪獣全てに当てはまる言葉。今回はシーモンスとシーゴラスを殺さなかった事がせめてもの救いだ。

 

岸田隊員が目立たないなと思ったら、今回は郷との対立が一回も無かった。隊員の対立が無いとちょっと物足りないかも?

 

今回の前後編は1971年12月に東宝チャンピオン祭りとして劇場公開されている。