読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「津波怪獣の恐怖 東京大ピンチ!」 『帰ってきたウルトラマン』制作第13話

帰ってきたウルトラマン

津波怪獣の恐怖 東京大ピンチ! ー津波怪獣シーモンス 竜巻怪獣シーゴラス登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第13話

1971年6月25日放送(放映第13話)

脚本 上原正三

監督 冨田義治

特殊技術 佐川和夫

 

津波怪獣 シーモンス

身長 43m

体重 3万5千t

西イリアン諸島の伝説の怪獣。四足歩行。海を渡る時に途轍もない事が起きるらしい。宝石を積んだ船を襲い、東京湾に出現した。夫のシーゴラスと共に角を発光させて大津波を起こした。

名前の由来は「シー・モンスター」だろうか?

 

竜巻怪獣 シーゴラス

身長 62m

体重 5万2千t

こちらは二足歩行。妻のシーモンスの助けを聞いて出現。

肩書きは津波怪獣と竜巻怪獣に分かれているが、津波も竜巻も2匹で力を合わせて発生させている。

 

物語

宝石を積んだ船が沈没した。生き残った高村船長はうわ言で「シーモンス…」と呟くだけ。MATはシーモンスが登場する伝説の歌を調べる。

 

感想
第2期、平成ウルトラシリーズで大活躍を見せた佐川和夫監督のウルトラシリーズデビュー作。

今回の見所は津波。ミニチュアと合成を使った映像は今見るとチャチだが、それでも思わず唸ってしまう迫力がある。

 

怪獣を見に行こうとする陽子を見失ってしまう丘隊員。彼女には珍しいミスだ。

 

今回の憎まれ役であるセメント工場の工場長だが、シーモンスのせいで操業が出来ず大損害を被り、最終的に倒産寸前にまで追い詰められてしまったのだから仕方が無いだろう。高村船長の話を見ていると怪獣被害を受けても補償金はなかなか貰えなさそうだし。

怪獣によって今日明日の生活の保障が無くなってしまった人にとって怪獣の生態とかはどうでも良い。「MATは怪獣を退治する為にある」の言葉通り、MATに求められているのは怪獣が現れたら即座に倒して人々が被害を受けないようにする事。MATは怪獣の謎を解くと訴えるが、人々は怪獣をいつ退治出来るのかしか興味が無かったのだ。

 

成田さんの後を継いで『ウルトラセブン』後半から怪獣デザインを務めた池谷仙克さんが降板した為、当時、プロデューサー補であった熊谷健さんが怪獣デザインを務める事になった。
熊谷さんが分析した人気のある怪獣。

1、立ち怪獣でオモチャになった時に格闘させて遊びやすい事。

2、ドラマチックな登場や死に方をしている事。

3、角やムチなど特徴ある武器を持っている事。

 

シーモンスとシーゴラスが起こした大津波に立ち向かうウルトラマン。一体…!?

なんと今回はウルトラマンの戦闘シーンが無い!