読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「怪獣シュガロンの復讐」 『帰ってきたウルトラマン』制作第12話

帰ってきたウルトラマン

「怪獣シュガロンの復讐 ー音波怪獣シュガロン登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第12話

1971年6月18日放送(放映第12話)

脚本 上原正三

監督 鍛冶昇

特殊技術 高野宏一

 

音波怪獣 シュガロン

身長 60m

体重 2万8千t

白神山に棲む怪獣。静香によると本来はおとなしい性格だったがバイパスが開通してから凶暴になってしまったらしい。口から火を吐く。郷の推測によると蛇と同じく硫黄が苦手らしい。MATに片目を潰され、ウルトラマンのウルトラかすみ斬りで止めを刺される。MATは静香の父親である牛山画伯の化身だったのではと考えるが真相は不明。

因みに脚本では名前は「アイガー」となっていた。

 

物語

白神山に怪獣が現れて暴走族を襲った。郷は山に1人で住む静香を保護しようとするが、静香はシュガロンはここを襲わないと言う。

果たして静香とシュガロンの関係は?

 

感想

車を襲う怪獣が「恐怖のルート87」、怪獣が少女の親の化身かもしれないが「まぼろしの雪山」、怪獣を倒すウルトラマンの決め技が「謎の恐竜基地」とかなり意図的に『ウルトラマン』の金城作品へのオマージュが込められている。

 

MATの特別訓練で特筆すべきはやはり火の輪くぐりだろう。『帰ってきたウルトラマン』には火を吐く怪獣が多いので必要な特訓だと思うが今回の対シュガロン戦ではあまり役に立っていなかったみたい。残念。

因みに射撃訓練の的はレッドキングゴモラヒドラジラースとこちらも金城作品に登場した怪獣ばかりと思っていたら実相寺監督作品のテレスドンがいた。

 

静香が車に轢かれた為に車を憎むようになり、車の無い理想郷を求めた牛山画伯。

「恐怖のルート87」との関係がよく語られるが、ここで語られる車は車社会、つまり現代社会そのものを表している。静香と牛山画伯は現代社会から決別したのだ。

しかしバイパスが開通し、それが原因で静香とシュガロンは死んでしまった。もはやこの日本には牛山画伯が求める車の無い現代社会とは無縁な理想郷は無いのだろうか?

最後に牛山画伯の絵が燃え尽きると共に静香は眠りに付いた。

静香と牛山画伯とシュガロンは魂だけの存在となって車の無い現代社会とは無縁な理想郷に逝ったと思いたい。

 

静香とシュガロンの関係はかなり難解。シュガロンは白神山に元から棲んでいた怪獣とも牛山画伯の生まれ変わりとも考えられる。

 

帰ってきたウルトラマン』第1クールには珍しいファンタジックな話だった。