読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「猫だましの恩返し」 『動物戦隊ジュウオウジャー』第33話

動物戦隊ジュウオウジャー

「猫だましの恩返し」

動物戦隊ジュウオウジャー』第33話

2016年10月9日放送

脚本 下山健人

監督 柴崎貴之

スモートロン 登場

 

「宇宙にも相撲がある!?」と言うツッコミは置いといて細かい部分まで相撲に拘った演出が素晴らしい。こういう遊び回が出来るのがスーパー戦隊の面白いところ。

 

その一方で脚本と言うか展開はイマイチ弱かった気がする。

サブタイトルに「猫だまし」が付いているし、猫だましの練習をしていた相撲部員が真っ向勝負を目指すようになり、反対にレオは猫だましを駆使して勝つ事を選べるようになったと一応は筋は通っているのだが、思ったより印象は薄い。もう少し相撲部員の心情を描いた方が良かったと思う。淡々と出来事だけ描いたのでレオ達の心境の変化が深く描かれなかった感じ。

 

相撲勝負が終わった後は普通に武器を持って戦っていたが巨大ロボ戦では塩や力水を使ってと力士ならではの戦い。これなら等身大戦でも力士に拘った戦いをしてほしかったな。

 

かわいがりのような理不尽な暴力や大関から横綱に昇進できないので横綱にわざと負けてもらって昇進する等、大相撲のブラックな一面が垣間見えた怪人であった。