shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「084 “0-8-4”」 『エージェント・オブ・シールド シーズン1』#2

「084 “0-8-4”」

『エージェント・オブ・シールド シーズン1』#2

2013年10月1日アメリカ放送

 

コード「084」は未確認物体を指す言葉でいわゆるオーパーツみたいな物。シールドの活動の一つにこの未確認物体の回収がある。コールソンが前にハンマーを回収しに行ったと言うのは『マイティ・ソー』でのお話。

 

マーベル・シネマティック・ユニバースの映画シリーズはアメリカが舞台になっている事が殆どなのだが本作ではアメリカ以外も舞台になっていて今回はペルーの遺跡が登場している。

 

未確認物体の正体は四次元キューブを利用した武器でペルー政府が以前にヒドラ残党に作らせたらしい。ペルー政府がシールドに連絡をする一方、カミラ率いる憲兵隊はシールドと敵対してでも四次元キューブを手に入れようとしているのでペルー政府の中でも色々な思惑があるらしいが、ここで大事なのは「かつてペルー政府がヒドラ残党に協力を要請した」「ペルーの憲兵隊は四次元キューブを利用した武器を使って反体制派を鎮圧しようとした」と「政府側がヒドラと何らかの繋がりがある」事であろう。

 

今回はチームがまとまる話で最初はお互いに足を引っ張り合っていたのだが最後は皆の力を合わせて危機を解決している。スカイも安全のしおりや他のメンバーの話から得た情報を駆使して解決方法を提示している。

 

「有能だけど組織として運用するには問題のあるメンバー達」と言う点でコールソンのチームメンバーはアベンジャーズと同じである事が分かる。コールソンはキャプテン・アメリカの位置であろうか?(それなら技術者のフィッツはアイアンマンで生物学のシモンズはハルクで女エージェントのメイはブラック・ウィドウかなと思ったがスカイとウォードで行き詰まってしまった)

 

ラストのコールソンとフューリーの「水槽」のくだりが面白い。