読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「怪獣レインボー作戦」 『帰ってきたウルトラマン』制作第8話

帰ってきたウルトラマン

「怪獣レインボー作戦 ー透明怪獣ゴルバゴス登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第8話

1971年5月14日放送(放映第7話)

脚本 上原正三

監督 本多猪四郎

特殊技術 高野宏一

 

透明怪獣 ゴルバゴス

身長 45m

体重 1万8千t

保護色または隠蔽色と言った性質を持っていて、周囲の色に自分の肌を同化させてしまう。夜行性だが怒ると昼間でも凶暴になる。口から火球を吐く。スペシウム光線で倒されるが、こちらも倒される理由があまり無かった。

上野隊員は「カメレオン怪獣」と呼んでいた。

 

物語

ハイキングに出かけた郷と坂田さん達。その時に次郎君が撮った写真に怪獣が写っていた。皆はトリックではないかと疑うが…。

 

感想
あぁ! 保護色では写真に怪獣が写った理由にはならないぞ。保護色では空の色になれないから…。写真のバックが空ではなく岩肌だったら良かったのだが。

 

せっかくハイキングに来ても怪獣を探知してしまう郷。ヒーローは辛い。

この怪獣を探知できる能力は段々と使い辛くなってきた。MATでも発見できない怪獣を郷だけが探知するので相対的にMATが役立たずに見えてしまう。

 

怪獣作品を制作する次郎君達。レッドキングの他にバラゴンの人形も見える。

 

怪獣攻撃隊のMATが「怪獣が来る!」と言っても信じないキャンパー達。ひょっとして、警察が「泥棒!」と言っても信じないのではないのか? こいつら。

 

前回登場のモンスターソナーをどうして今回は使わなかったのだろう?(放映は本作の方が先だったが)

 

今回の変身シーンは郷の目に光が現れると言うもので結構格好良い。

 

郷にお礼を言う岸田隊員。意外と素直だったんだ。

 

ゴルバゴスが昇天したのか、最後、空に虹(レインボー)が架かる。

前回もそうだが今回も怪獣が倒される理由があまり無い。今回は『ウルトラマン』のように怪獣の生態を細かに紹介していく正統派な作りをしているが、もう地球怪獣をただ倒すのは限界に来ている気がする。スタッフもその事は分かっているらしく、この後の地球怪獣は現代社会の犠牲者と言うニュアンスが与えられ、やがて単なる脅威としての宇宙怪獣が次々と登場するようになる。