読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「決戦! 怪獣対マット」 『帰ってきたウルトラマン』制作第6話

帰ってきたウルトラマン

「決戦! 怪獣対マット ー地底怪獣グドン 古代怪獣ツインテール登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第6話

1971年5月7日放送(放映第6話)

脚本 上原正三

監督 冨田義治

特殊技術 高野宏一

 

地底怪獣 グドン

身長 50m

体重 2万5千t

MN爆弾をも受け付けない。

夢の島ツインテールを食べようと豪快なパワーボムをかけるが、ウルトラマンスペシウム光線で倒され、ツインテールを食べる事は出来なかった。

 

古代怪獣 ツインテール

身長 45m 

体重 1万5千t

MATに両目を潰された後、グドンに噛み付かれてパワーボムで止めを刺された。食べるとエビの味がするらしいが劇中では語られていない。

 

物語

グドンツインテールの弱肉強食の世界にさすがのウルトラマンも敗退。

岸田長官は最終兵器スパイナーの使用を決定するが、それに反発するMATは最後の戦いに挑む!

 

感想

特撮、本編どちらも圧倒的なドラマで展開され、もはやここで最終回にしても良いと思う程の盛り上がり。

普通、前編は危機また危機でも後編になると問題が次々と解決していくものなのだが今回は後編になっても事態が悪化していく。

 

岸田長官は嫌な人ではあるが悪い人ではない。

MN爆弾使用も地下に閉じ込められた人々には被害を及ぼさないと思っていたから使おうとしたわけだし、仮に閉じ込められた5人が死亡しても、より多くの人々を守ろうとするのもある意味では正しい。スパイナーで東京ごと怪獣を倒そうとした時も避難勧告は出したし、自分達の守護神ウルトラマンが敗れた以上、それぐらいの犠牲は払わないと怪獣は倒せないと思ったのかもしれない。いつまでも怪獣を倒せなかったら外交問題にもなりそうだし…。(アメリカが介入してきそう)

 

その岸田長官と対立する加藤隊長とMAT。
より多くの人々を守る為に何人かは犠牲にと言ってもMATはその犠牲になる人々を普段から知っている。岸田長官の意見は現場にいないから言える事であり、現場にいるMATはそんな机上の考えより普段から共に生活をしている街の人々を守る為に戦う。

 

第2次世界大戦での東京大空襲の体験を語る坂田さん。ウルトラシリーズでここまで戦争を前面に押し出した話は少ない。

第2次世界大戦で政府がポツダム宣言をどう扱うか考えている間に広島と長崎に原爆を投下されてしまった。政府も日本にとってどうすれば良いか最善の方法を考えていたのだろうが、結果、より多くの人々が犠牲になってしまった。机上の考えだけでは本来守るべき人々を守れない時もある。

 

他の隊員とやや立ち位置が違っていた岸田隊員。彼も岸田長官と同じく現場より机上の人間だったが、坂田さん達を始めとする街の人々を実際に見て、その考えを聞いた時に彼は机上の人間から現場の人間へと変わり、街の人々を守る為に戦う事を決意する。

 

そして一度はMATを去った郷も街の人々を守る為に帰ってきたのだった。(具体的な存在としてアキちゃん)

 

解散をかけて戦いに挑むMAT。これ以降もMATは事あるごとに解散の危機に立たされてしまう。

 

怪獣を倒した後、涙ぐみながら隊員と握手をする加藤隊長が感動的。ムラマツキャップやキリヤマ隊長とは違う魅力を持つ隊長だ。

 

有名な話だが、スパイナーは『ウルトラセブン』の「700キロを突っ走れ!」にも登場している。又、MN爆弾も似た名前のMS爆弾が「地底GO! GO! GO!」に登場している。(脚本はどちらも上原さん)

 

今回の前後編は1971年7月に東宝チャンピオン祭りとして劇場公開されている。