読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「必殺! 流星キック」 『帰ってきたウルトラマン』制作第4話

帰ってきたウルトラマン

「必殺! 流星キック ー古代怪獣キングザウルス三世登場ー」

帰ってきたウルトラマン』制作第4話

1971年4月23日放送(放映第4話)

脚本 上原正三

監督 筧正典

特殊技術 高野宏一

 

古代怪獣 キングザウルス三世

身長 105m

体重 2万7千t

ウランが好物で原子力発電所を襲う。口から放射能光線を吐く。

角からバリアーを展開してスペシウム光線、ウルトラスラッシュ、フォッグビーム、シネラマショットを撥ね返したが、ウルトラマンの新技・流星キックで角を折られてスペシウム光線で倒された。

ところで何故に三世? 一世と二世はどこ?(元々は「呪われた怪獣伝説」と言う別の話に登場する予定だった名残りでこうなってしまったらしい)

 

物語

キングザウルス三世のバリアーにあらゆる技を撥ね返されて敗れたウルトラマン

ウルトラマンが勝てないのなら俺が勝ってやる!」と郷は特訓を開始する。

 

感想

よく言われるスポ根な展開。

 

ウルトラマンを倒した怪獣としてはベムスターやブラックキングに比べてやや地味なキングザウルス三世だが恐竜ベースのデザインがなかなか渋くて格好良い。

 

郷は丘隊員の事が好きになったんだと言う次郎君。アキちゃんを思っての発言だろうが、よりにもよってこんな場所で言うとは恐ろしい。でも丘隊員は郷の事を気にしていなかったからか、あまり動じていなかった。

前回に続き、アキちゃんは郷の心が自分から離れているのではと悩むが、郷の頑張る姿を見て吹っ切る。

 

帰ってきたウルトラマン』は人間ドラマを組み込んだ作品だが、ウルトラマンがあまりに人間からかけ離れた存在だとウルトラマンと人間が絡めなくなってしまう。前3話はウルトラマン登場まではドラマがあったが、ウルトラマンが登場したらドラマは止まってしまっていた。(「タッコング大逆襲」では郷の慢心が、「恐怖の怪獣魔境」では郷と周りの隊員との軋轢がドラマになっていたが、ウルトラマンが登場している間は、その事はきれいさっぱり忘れ去られていた)

ウルトラマン登場と共に終わってしまうドラマ。しかし今回は逆にウルトラマン登場と共にドラマが始まる事となった。その為にはウルトラマンが人間からかけ離れた神のような存在ではいけない。ウルトラマンは敗北しなければならなかったのだ。

 

特訓で流星キックを編み出す郷。

ウルトラマンならキングザウルス三世のバリアーを簡単に飛び越えられるのではと言う疑問がある。

予告では新しい技を編み出すとあり、劇中でもジャンプ力を鍛えるとあるが、自分が考えるに郷が鍛えたのはジャンプ力ではなく精神力の方だと思う。

今までウルトラマンに変身した後はウルトラマンの意識が出ていたが、キングザウルス三世に敗北した事によりウルトラマンは恐怖を抱いてしまった。バリアーぐらい簡単に飛び越えられるかもしれないが、そこに踏み込む勇気を失ってしまった。それを郷の意識がウルトラマンを後押ししてバリアーを飛び越えさせた。「ウルトラマンが勝てないのなら俺が勝ってやる!」と言う郷のセリフはそういう意味なのかなと思う。

 

今までウルトラマンと郷の関係は初代ウルトラマンとハヤタ隊員と同じぐらいに切れていたが、今回から郷の精神がウルトラマンの精神に影響を与えるようになった。又、前回と違って今回からウルトラマンと郷は肉体的なダメージを共有するようになっている。