shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

『ウルトラ怪獣擬人化計画 feat.POP Comic code』第2巻(風上旬)

ウルトラ怪獣擬人化計画 feat.POP Comic code』第2巻(風上旬

 

「地球編」となった第2巻。

擬人化された怪獣達がそのまま現実の地球にやって来たら違和感が生じると言うエピソードが多かった。これは『ギャラクシー☆デイズ』との差別化になっていて、同じ『ウルトラ怪獣擬人化計画』でも内容が被らないようになっている。

 

印象深かったのはやはり森次さんが出る話。

あの大ゴマは笑ったw

自分は森次さんのお店に行った事は無いけれど実際にこういうのありそうだな。

 

第1巻は基本的にメフィラス星人を中心に動いていたのだけれど、第2巻はメフィラス星人のチームとテンペラ-星人のチームに分かれて行動している。その他にもヤプールジャミラの主演エピソードではメフィラス星人が絡まずに話が展開される等、それぞれが独自にエピソードを展開出来るほどにキャラ立ちし、またそれぞれ独自の人間関係も出来てきている。

 

ヤプールの超獣作りが完全にパン作りになっているのだが、「憎しみを心に念じ、練りあがった超獣の素に魂を吹き込む」と言うのがオリジナルのヤプールもやっていそうなのが地味にツボだったw(特に石堂さん参加後の『ウルトラマンA』でやっていそう)

 

クライマックスでは新たにイカルス星人が登場。

最近では『ウルトラマンギンガ』にも登場していたが、オリジナルのイカルス星人は実は結構凄い。『ウルトラセブン』で異次元世界ではウルトラセブンに変身する事もカプセル怪獣も使う事が出来ないとされていたが、さらに『新ウルトラマン列伝』では異次元世界ではダークルギエルによるスパークドールズ化も解除されると言う驚愕の設定が明かされている。スパークドールズ化を解除って凄すぎるぞ。

 

今回は擬人化キャラの巨大化した姿が見られる。

この巻を見て思ったのだが、風上さんは巨大感の出し方がメチャクチャ上手い!

 

今巻で気になったのは地球の設定。

メトロン星人のアパートを作った棟梁が出てきたと言う事はかつて実際に怪獣やウルトラマンが出た世界と言う事になるのだが、それでは森次さんのお店はどういう扱いなんだ?と言う疑問が…。その他にも歴代の怪獣や宇宙人が出現した年代日時はいつなのかとか、現在も怪獣や宇宙人は出現しているのかとか、色々と疑問が出てきたのだが、これらは後に説明されるのかな?

 

今回の話で特にお気に入りなのは「幼女で止めてみた」の場面。この場面一つでメフィラス星人のダメさが見事に表現されているw