shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「水の精リアスマリンの巻」 『鉄神ガンライザー ヒーローズ』第5話

「水の精リアスマリンの巻」

『鉄神ガンライザー ヒーローズ』第5話

2016年8月14日放送

 

さすが、かぐらとナナのW変身はポーズがキレッキレで格好良かった。

 

ナナが再び未来からやって来るが、30年後の宮古市は世界有数の電子機器の街になっているとの事。『NEO2』では岩手は物の怪によって滅亡寸前だったので、歴史は変わったようだ。ナナのキャラが明るくなっているのもそれが理由かな。どうして歴史が変わったのにナナが改変される前の歴史を知っているかだが、ここはタイムワープしたナナと時雨だけは両方の歴史の記憶を有していると言う事なのかな。

 

せっかく未来からやって来たのに買い物やら何やらで重要な情報はあまり喋れなかったナナ。断片から察するに未来ではナッタ鬼は今より遥かに強くなっていそう。でも、ナッタ鬼が強くなっても宮古市は発展しているようなので、『NEO2』での闇落ちしたアラタほどの脅威ではなさそうだ。

 

リアスマリンはヒーローであるが物の怪でもあるのでナッタ鬼はまず勧誘する事に。

しかし、まぁ、おそらくだが、かぐらさんはガンライザーシリーズの中で最も色仕掛けには引っかからないタイプの人間だと思うんだけどな…。

 

これまで不意打ちでヒーローを封印してきたナッタ鬼だったが、結がナッタ鬼の事をかぐらに教えていたので、リアスマリンは封印される事は無かった。結がどこまでヒーロー達に事情を説明したかは不明だが、これからナッタ鬼が戦いにくくなったのは確か。

 

本気を出せばリアスマリン相手に優勢に戦える辺り、ナッタ鬼は本当は結構強かったんだな。しかし、彼は精神的に未熟すぎるのが問題。こうして見ると、ヒデージャが羅刹を倒してしまったのって物の怪側からしたらかなりの痛手だった気がする。戦力は申し分ないし精神的にも完成されていたし。