読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!』(2016年公開)

動物戦隊ジュウオウジャー

『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!』

2016年8月6日公開

脚本 香村純子

監督 柴崎貴行

 

一応、スーパー戦隊シリーズ40作品目の映画と言う事もあってあちこちに歴代スーパー戦隊にまつわるものが散りばめられているがストーリーに関わるものは無いので歴代作品を知らなくても楽しむ事が出来る。

 

展開はGロッソで開催されているヒーローショーを映画にしたものと言う感じ。

子供達がイベント会場に閉じ込められ、それを助けるべくヒーローが活躍し、最後は子供達の応援を背に受けてヒーローが勝利を収める。なので、この映画単独でも楽しめるが、この映画を見る前に一度でも良いのでGロッソのヒーローショーを見る事を勧める。さらに感動する事になると思う。

 

アム達の他にもジューマンがいたと言う話だが、まさかあんなにたくさんいたとは思わなかった。よく考えたら、昔は人間界とジューランドは繋がっていたので十分にあり得る話ではあったのだが。(こうして見ると、運悪く仲間と出会えなかったラリーさんが本当に気の毒だ)

 

ドミドルは自身の快楽の為に多くの人に犠牲を強いても気にしないところがジニスに通じるところがある。ジニスは落ち着いているのでそういうイメージはあまり無いのだが、ジニスがやっている事ってドミドルがやったのと同じくらい身勝手で自己中心的なものなんだよね。

 

最初にジュウオウジャー達の敗北を見せてインパクトを出したかったのだろうが、時系列をいじる意味があまり無かったと思う。あれなら素直に時系列の通りに見せた方が話が分かりやすかったはず。