読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「仰天! 仙人の真実!」 『仮面ライダーゴースト』第42話

仮面ライダーゴースト

「仰天! 仙人の真実!」

仮面ライダーゴースト』第42話

2016年7月31日放送

脚本 長谷川圭一

監督 山口恭平

パーフェクト・ガンマイザー ガンマイザー・プラネット ガンマイザー・クライメット 眼魔ウルティマ・エボニー 登場

 

イーディス長官と仙人が同一人物と判明。

どうやらイーディス長官の方が本体のようなので、仙人のキャラは周りをはぐらかす為のフェイクなのかな? どうしてイーディス長官と仙人が同時に存在していたかだが、精神を二つの眼魂にコピーしたと言う感じかな。

 

時系列に関してはまだよく分からないが、イーディス長官が人間界に行って龍と出会い、戦いを経て自分が間違っていた事に気付いて仲間になる。そして龍達と協力して英雄眼魂やモノリスを作ったが西園寺が裏切ってしまったと言ったところかな。このイーディス長官の行動をアドニスは知っていたのかどうかが気になる。

 

仙人がタケルの状態を把握出来たのは最初の99日まで。龍の魂によって復活してからは仙人=イーディス長官の思惑を超えているとの事。そこがガンマイザーが「鍵は天空寺タケル」と言っているのに関わっていると思う。ひょっとして、今のタケルはどこかグレート・アイに近しいものがあるのかもしれない。

 

アデルはタケルやアランと同じく不完全で自分一人では出来ない事も多いのだが、それを認めず、自分は正しいと証明する為に色々と無茶や無理をやっている感じ。そのしっぺ返しがいずれ来ると思うが…。

タケルが周りに人々が集まり、英雄と心を繋いでグレイトフルになり、さらにそこから自らが進化してムゲンになったのに対し、アデルは周りに誰もいなくなり、ガンマイザーと心を繋いでいない状態でパーフェクトになり、結果、自分自身は何も成長出来ていないと言う対比になっているのかな?

 

最後に、アカリは一発ぐらい仙人を殴っても良いと思う。それだけの事を仙人とユルセンはやってきたと思う。