読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「勇気! 悲壮な決断!」 『仮面ライダーゴースト』第40話

仮面ライダーゴースト

「勇気! 悲壮な決断!」

仮面ライダーゴースト』第40話

2016年7月17日放送

脚本 福田卓郎

監督 渡辺勝也

ガンマイザー・マグネティックブレード 登場

 

事件の真相については予想通りと言った感じ。

でも、怪人と心が入れ替わった事で事件の真相を見る事が出来たと言うのが『仮面ライダー』ならではと言う感じで良かった。他にも父親に対してタケル、マコト、アランの捉え方がそれぞれ違うと言うのも面白かった。

 

タケルは父親の龍の事を尊敬していたが、その龍は10年前に死亡している。

今回、真由を諭そうとするタケルが「ウザい」と言われるが、後半でタケルが御成から聞いた生き方を真由に伝える場面がある。直接的な表現では無いし、御成と大天空寺の関わり自体がまだ不明確な部分があるのだが、これは龍の死後は御成がタケルの父親代わりを担っていたと言う事の様な気がする。あのタケルのウザいほどの人を助けようとする部分は御成譲りなのかな?(御成は人を諭す時はウザくないように諭しているけれど)

 

マコトとカノンの父親である大悟やアランの兄であるアルゴス等、思った以上に夏の劇場版に絡む作りになっていたのに驚いた。『ドライブ』は絡めすぎて複雑な感じになってしまったが『ゴースト』はどこまで絡めるのかな?

 

英雄眼魂がそれぞれの特性を使ってタケルの戦いをサポートすると言うのが良かった。第38話があるので、今後も英雄眼魂は色々と活躍させてほしい。