読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「プリズン・ブレイク」 『動物戦隊ジュウオウジャー』第21話

動物戦隊ジュウオウジャー

プリズン・ブレイク

動物戦隊ジュウオウジャー』第21話

2016年7月17日放送

脚本 香村純子

監督 加藤弘之

リズナブル 登場

 

みっちゃんが面倒くさい!

この面倒くささは柴田亜美さんの『南国少年パプワくん』に登場するアラシヤマを思い出す。(あちらもコウモリが友達)

アラシヤマの場合はシンタローはその面倒くささに辟易する一方で自分に依存してくる部分を上手く利用するなどバランスを取っていた。『ジュウオウジャー』だと次回のアムがその役回りをする事になりそう。

 

操のこの他人との距離の取れ無さはTwitterでブロックされるタイプの人間だよな。

いきなり距離を詰めてきたと思ったらネガティブな事をこちらに伝わるように書き込んだりとか…。

 

ジュウオウジャー初期5人の中ではタスクが一番最初に懐かれると言うのは何か分かる。大和やアムはそつなく人付き合いが出来るので操から見たら眩しいタイプの人間だし、レオやセラは言い方がストレートだったりキツかったりするので操には刺激が強すぎる。

 

今回のジューマン4人の描写を見て思ったが、セラは4人のまとめ役みたいなところがあったのかな。セラがタスクを諭す場面があるが、今ならそれは大和の役目となっている気がする。セラの影がやや薄いのは大和と役割が被ってしまったからなのかもしれない。

 

壊れたおもちゃに興味は無いとしてザワールドを処分する事をあっさりと決めたジニス。これにはアザルド、クバル、ナリアも驚き。デスガリアンと言うチームではあるが、さすがにジニスは一線を画している。

 

キューブコウモリの登場が唐突であったが、『ジュウオウジャー』はこういうアイテムをドラマに絡める事はしない方針なのかな。もう少しキューブ中心の話も作ってほしいのだが…。