読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「復活! 英雄の魂!」 『仮面ライダーゴースト』第38話

仮面ライダーゴースト

「復活! 英雄の魂!」

仮面ライダーゴースト』第38話

2016年7月3日放送

脚本 毛利亘宏

監督 坂本浩一

 

やはり坂本監督のアクションシーンは良い!

フォームチェンジを活用してくれるのも良いが今回は爆発の中を変身するタケルも格好良かった。「変身」と「フォームチェンジ」は平成仮面ライダーの売りの一つなので、やはりここに力を入れて欲しい。

 

平成仮面ライダーに限らないがパワーアップを続けていくと初期の能力はしだいにお払い箱になっていく。『ゴースト』は終盤になっても英雄眼魂が関わる話を作る等、初期のアイテムを最後まで活用しようとしている。上手くいっているいってないの問題はあるが、この姿勢は次作も引き継いで欲しい。

敵がガンマイザーになったので英雄眼魂は不具合を起こすようになる。それと前後してタケルがムゲン魂を手に入れたので、仙人は今後はムゲン魂を使っていく事になると語る。タケルは反発したが結果的に英雄眼魂ではガンマイザーには勝てず、代わりにジャイロには勝てたので、今後はガンマイザーはムゲン魂で、他は英雄眼魂でと使い分ける事になりそう。

 

アデルは遂にガンマイザーと融合してパーフェクト・ガンマイザーに。

と言う事はガンマイザーの持つ属性は炎、水、風の三つとなるのか。ここは後にゴースト、スペクター、ネクロムの3人と対峙すると言う展開になるのかもしれないが、15体もいながら怪人体を持ったのが3体だけと言うのは寂しい。

 

ジャベルに生きる道を諭す御成。

やはり御成はこういう使い方が良い。

基本的に平成仮面ライダーは主人公メンバーは若いので、人生を諭すには年齢を重ねた人か御成のような人生を諭しても違和感が無い設定の人物の方が自然で良い。

 

ジャイロは出番が少ないのが残念。

設定的にも色々と語れそうなのだが、今のところ出てきてはやられているだけである。同じ軍人でありながらドロップアウトしたジャベルと戦い続けているジャイロの対比とかやってほしい。