読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「タッコング大逆襲」 『帰ってきたウルトラマン』制作第2話

帰ってきたウルトラマン

タッコング大逆襲 -オイル怪獣タッコング登場-」

帰ってきたウルトラマン』制作第2話

1971年4月9日放送(放映第2話)

脚本 上原正三

監督 本多猪四郎

特殊技術 高野宏一

 

オイル怪獣 タッコング

身長 45m

体重 2万3千t

タンカー、パイプライン、コンビナートを次々と襲ってオイルを吸収する。口からオイルを吐く。よく逃げる。スペシウム光線で爆発した。

デザインモデルはゆでダコだろう。今回も劇中では未呼称。

 

物語

ウルトラマンと合体した郷はMAT隊員を凌ぐ能力を手に入れた。そこにタッコングが再び出現。自分の能力に慢心した郷は…。

 

感想

ウルトラマン』でハヤタ隊員が初代ウルトラマンと合体した為にどうこうしたと言う話は殆ど無かったが、郷はウルトラマンと合体した事で普通の人間以上の能力を身に付け、さらにその能力に溺れてしまった。

帰ってきたウルトラマン』の主役は怪獣ではなくヒーロー(郷)なのだ。

 

ウルトラマンに変身したくても出来ない。ウルトラマンの力はそんな都合の良いものではなく、人間が全力を尽くして努力した結果与えられるもの。『ウルトラマン』の「小さな英雄」をベースにしたこの設定は後のシリーズに引き継がれていく。

 

逃げ遅れた人を救助していると郷は上空から降り注いだ光を受けてウルトラマンに変身した。『帰ってきたウルトラマン』の初期は『ウルトラマン』以上にウルトラマンを神秘的な存在として描いていた。

 

由利子やフジ隊員が近所のお姉ちゃん、アンヌ隊員が美人なお姉さん(ちゃんではなく)なのに対して、丘隊員は姉上と言う感じがする。

 

ミーティングでそれぞれの意見をぶつけるMATの場面に隊員それぞれの人物像を掘り下げたいと言う橋本プロデューサーの意向が見える。

 

録音されていたマットサブ内の郷と南隊員の会話について、郷の「ウルトラマンになってやる」はバレなかったのかと言う突っ込みがあるが、そのセリフはタッコングの攻撃を受けた後なので、おそらくマットサブは攻撃を受けた時に録音装置が壊れたのだろう。

 

郷は人々を救助している途中でウルトラマンに変身したが、残された南隊員達はいつ誰に救助されたのだろう?

 

オイルを腹一杯に溜めているタッコングスペシウム光線はまずいだろう。予告にあるようにウルトラキックで倒した方が良かった。それから戦いが終わった後にウルトラ水流で消火してほしかった。