読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「怪獣総進撃」 『帰ってきたウルトラマン』製作第1話

帰ってきたウルトラマン

怪獣総進撃 -凶暴怪獣アーストロン オイル怪獣タッコング ヘドロ怪獣ザザーン登場-」

帰ってきたウルトラマン』制作第1話

1971年4月2日放送(放映第1話)

脚本 上原正三

監督 本多猪四郎

特殊技術 高野宏一

 

凶暴怪獣 アーストロン

身長 60m

体重 2万5千t

朝霧山に現れ、口から炎を吐いて付近の村を焼き払った。ウルトラマンに角を折られ、スペシウム光線を受けた後、火口に落ちて爆発した。

今回登場した怪獣は全て劇中では未呼称。

 

オイル怪獣 タッコング

身長 45m

体重 2万3千t

毎日のように起こる小地震や地殻の変動によって目覚めた。東京湾でザザーンを倒した後、ウルトラマンスペシウム光線を受けて海に逃げた。郷とウルトラマンが出会うきっかけとなった怪獣。

名前の由来は「タコの王様」から。

 

ヘドロ怪獣 ザザーン

身長 50m

体重 1万2千t

タッコングと同じく小地震と地殻の変動で目覚めた。東京湾タッコングと戦い倒されてしまった。
なんとも目立たない怪獣。タッコングを出さないでザザーンのみ暴れさせて、郷とウルトラマンが出会うきっかけになればまだ目立っただろうに…。

 

物語

世界各地が異常気象に覆われ怪獣が復活した。

子供を助けようとして命を落とした郷秀樹はウルトラマンと出会う。

 

感想

漠然とした未来が舞台だった第1期ウルトラシリーズと違い、現実と地続きとなった第2期ウルトラシリーズ

ここから新たな物語が始まる。

 

シリーズを経るごとに洗練されていくオープニング。

ウルトラマン』は怪獣、『ウルトラセブン』はメカニックが中心だったのに対し『帰ってきたウルトラマン』はMAT隊員が目を引くとオープニングを見る事で3作の方向性の違いが分かる。

 

MAT出撃と共に鳴らされるワンダバがやはり格好良い!

ワンダバはもはやウルトラシリーズの顔になっていて色々なバージョンがあるが、やはりオリジナルが一番だと思う。

 

「女じゃ無理だよ」と今だったら大問題になりそうなセリフを吐く郷だが、実は丘隊員は剣道四段なので、ウルトラマンと合体していない郷より強い可能性がある。

 

少年と一緒に白い鳩を逃がす郷。

白い鳩は平和の象徴なので、郷が後にウルトラマンと合体して平和を守る事の伏線だったのかも?

ところで、この時の少年は郷が生き返った事を知らされたのだろうか?

 

死んだ郷に十字架を渡すアキちゃん。

このシーンは最終回で旅立つ郷がルミ子さんに星のペンダントを渡すシーンに繋がる。

 

郷とウルトラマンとの出会いは実に神秘的であった。

ハヤタ隊員と初代ウルトラマンの場合は宇宙人との出会いと言う感じだったが、今回は神との出会いと言う感じになっている。

それにしても生き返った郷を見た看護婦はさぞかしビックリしただろうなぁ…。

 

星占いをして「地球は呪われている…」と嘆く上野隊員。暗いなぁ。後のイメージとだいぶ違っていて驚く。

 

アーストロンはデザインが『ウルトラQ』放映第1話のゴメスに似ている。実は着ぐるみが一回作り直されているが、NG版着ぐるみは腹部がもろにゴメスだった。

 

今回のマットシュートは光線を撃つが、これ以降は実弾がメインになる。おそらく予算と時間の都合だろう。ウルトラ警備隊のウルトラガンも後半は光線ではなく実弾がメインになっていたし。

 

今回の話で有名な3分間のナレーションを初めて聞く事が出来る。

実は『ウルトラマン』では活動時間が3分間とは一回も言っていなかったりする。

 

アーストロンが倒された後、郷はまだ承諾していないのに、今日からMATの一員だと紹介する加藤隊長が強引すぎる。郷本人は戸惑っているぞ。

この時の紹介で既に一癖ありそうな顔をしている岸田隊員が面白い。

 

自分は以前に初代ウルトラマンは意思を持った光と書いたが、今回のウルトラマンはまさしく光として現れた。

特撮雑誌『宇宙船』(朝日ソノラマ)によると、今回のウルトラマンのデザインは郷の流星号をモデルにしたらしい。

その流星号は『怪奇大作戦』ではトータス号、『チビラくん』ではカイジュウ町郵便車として、この時期の円谷作品に度々登場していたが今回火葬されてしまう。合掌。因みに流星号を火葬した坂田さんを演じた岸田森さんは『怪奇大作戦』で牧史郎を演じていた。

 

「誰かが俺を呼んでいる」。

別にアーストロンは郷を呼んではいなかったが、『ウルトラマン』と『帰ってきたウルトラマン』の違いが分かるシーン。

ウルトラマン』では科特隊は怪事件を調査するのが目的で初代ウルトラマンも最初から怪獣を倒すつもりはあまり無かった。しかし、『帰ってきたウルトラマン』ではMATは怪獣攻撃隊でウルトラマンも怪獣と戦う為に存在している。

 

今回は『ウルトラマン』ではあえて描かなかった死んだ主人公に対する周りの反応を描いている。

それにしてもこれだけの情報量を破綻無く描ききったのは見事。数あるウルトラシリーズ放映第1話の中でも屈指の出来だ。

 

「本物の怪獣だよ!」と叫ぶ次郎君。メタネタになるがここは2年半振りに再開されたウルトラシリーズの事も指しているようにも聞こえる。「再放送じゃない。本物の新作ウルトラシリーズだよ!」と…。

 

本編監督はなんと『ゴジラ』の本多猪四郎監督。ウルトラシリーズは『帰ってきたウルトラマン』のみの参加となった。因みに今回のサブタイトルである「怪獣総進撃」はゴジラシリーズの『怪獣総進撃』が元ネタだと思われる。