読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

『ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ』第2巻(爆天童)

雑感

ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ』第2巻(爆天童

 

登場キャラクターが増えた第2巻。話も夢を吸い取るギランボ、標本おじさんを集めるダダ、重くて寝てばかりのスカイドン、水が弱点のジャミラとオリジナルの設定に即している。怪獣図鑑の話は毎回出ているわけではないのだが「怪獣の生態を中心に据えた作り」は怪獣図鑑と同じと言える。

 

メフィラス星人が登場したのだが初代と二代目の仲が良いと言うのは意外だった。そして、どちらもポンコツなのが本作らしい。

それにしてもメフィラス星人の自称・紳士的とジャミラの水が弱点と言うのはウルトラ怪獣の中でも鉄板のネタだな。本作に限らず、色々なところで使われている。

 

怪獣図鑑制作部のメンバーも本巻では新たな一面を見せている。特に驚きだったのがバードンで第12話ではいつもの彼女のイメージからは想像出来ない表情や言動を見せてくれる。

また今回はTシャツを着るゴモラツインテールにするゼットンと言ったように外見にも変化が起きるエピソードがある。

 

絵に関しては第1巻では多かったコピペが本巻では無くなっているのが嬉しい。

動きが少なかった第1巻に比べて本巻ではいよいよ調子が出てきたと言う感じになっている。

 

温泉回では「登場人物は普段は何も着ていない」と言う衝撃の告白が!

でも、よく考えたら、擬人化された怪獣達のあのデザインが服だったら単なるコスプレになってしまうので、ゴモラスク水やザンドリアスのセーラー服等も全て「そういうデザインをした生物」としたのは正しい。

しかし、これだと今後の話で肌色を増やすお色気演出が出来ないので、これを劇中で明言するのは結構な冒険だったと言える。

 

最後にやっぱりライブキングは最高なキャラだ!