読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「真価! 楽しさの力!」 『仮面ライダーゴースト』第35話

仮面ライダーゴースト

「真価! 楽しさの力!」

仮面ライダーゴースト』第35話

2016年6月12日放送

脚本 毛利亘宏

監督 山口恭平

ガンマイザー・リキッド ガンマイザー・ファイヤー 眼魔スペリオル・グリム 電気眼魔 ブック眼魔 登場

 

今回のイゴールの計画は人間の深層心理に眠る「楽しさ」を引き出し、人間の精神を精神世界に捕らえると言うもの。それに加えてグリム魂の能力で強制的に精神世界を書き換える事も可能となった。今回は登場人物達のコスプレと言うギャグ演出になっていたのだが、前回は精神世界の影響を受けなかったタケルも赤ずきんちゃんに書き換える事が出来ると言うのはさりげに凄い事だったような気がする。

 

『ゴースト』は色々な要素が盛り込まれた作品で、終盤になっても15個の英雄眼魂の話をしているのは、ここ最近の仮面ライダーではアイテムが販促期間のみの使い捨てになっていたのに対し、英雄眼魂を1年間に亘って取り上げていくと言う形を取ったからと思われる。ただし今は英雄眼魂絡みとなるゲスト主体のサブエピソードと眼魔世界からの侵略と言うメインエピソードが上手くかみ合っていないのが残念。

 

ムゲン魂のゆっくりとした動きはこれまでのフォームとの差別化になっていて良かったのだが、対するガンマイザーがあまり強く見えなくて、ムゲン魂の強さもイマイチ表現し切れていなかったのが残念。もう少し前のガンマイザーが底知れなかった時期の登場なら…と思う。

 

ガンマイザーはアデルの命令を無視して勝手に行動を開始。ガンマイザーを抑えるにはアドニスの行っていた祈りが必要だったと思われるが、アデルはその祈りの詳しい内容を知らないんだろうな…。これからはもっと勝手な行動をするであろうガンマイザーに対してアデルはどう対処するのだろうか?

一方のガンマイザーも総出でムゲン魂に倒されて底が見えてきた感じ。残り2ヶ月ちょっとなので、ここからはイーディス長官が目立ってくるようになるのかな?

 

タケルはご飯を食べられないというのは初期にあった「切なさ」を思い出させて良い結末。こういう「切ない」話をもう少し見たかったな。