読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「追憶! 秘めた心!」 『仮面ライダーゴースト』第32話

仮面ライダーゴースト

「追憶! 秘めた心!」

仮面ライダーゴースト』第32話

2016年5月22日放送

脚本 長谷川圭一

監督 渡辺勝也

 

謎解き編。

龍、五十嵐、西園寺の3人は独自に眼魔関係の研究をしていたが、そこに仙人のおっちゃんが絡んだ事で一気に研究が進んだようだ。

龍は元からゴーストハンターだったので、大帝の本格侵攻以前から眼魔は人間界に来ていたようだ。(『アラン英雄伝』がフミ婆の子供の頃の話のようだし)

人間界に現れる眼魔について龍達が研究を行っていたら、仙人のおっちゃんが現れて眼魔の世界について色々な情報をもたらしたと言う感じかな。

 

アドニスは祈りの間でガンマイザーとコンタクトを取っていたし現在はアデルがガンマイザーを使役している。

そのガンマイザー15体に対抗する為に龍達は15人の英雄の魂を持った眼魂を作ったとの事。今回の話でツタンカーメンがガンマイザーの能力を無力化したところを見るに、英雄の選定はガンマイザーの能力に対抗できるかどうかで決められていそう。

 

西園寺は眼魔の世界と取り引きをし、ゴーストドライバーの技術を提供する事で眼魔側に。おそらくこれがスペクターを始めとする眼魔側の仮面ライダーの技術へと繋がったのだろう。

西園寺が取引をした眼魔側の存在がアドニスなのかアデルなのかイーディスなのかは不明。ここは『アラン英雄伝』を見ないと分からないのかな?

最終的に西園寺の目的は眼魔の世界も利用して自身が全ての支配者になる事だったが、それは失敗に終わっている。

 

こうして見ると、仙人のおっちゃん=イーディスがまだ確定していないので、今回の事件の大元に関してはまだ謎が多い。ここが確定したら本作の謎は殆ど解けると言う感じかな。

 

龍の死因はTV第1話と劇場版『ジェネシス』では違う。これは本来の歴史は第1話での描写だったが歴史改変で『ジェネシス』での描写が正史になったと言う事かな。

そう言えば予告にあったタケルの「父さんが生きてる…!?」はちょっとずるいミスリードだなと思った。

 

今回はジブヤと母親の話。

まさかのここからのタケルの母親の話へ!

やるとは思わなかったので驚いた。そう言えばアラン達の母親についても意味深な雰囲気があったし、ここからは母親が一つのキーワードになるのかな。

 

最後にツッコみたい事が一つ。

時間が逆行するので大人が子供になるのは分かるんだけど、建物は小さくならず材料になると思うんだけど…。