読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

『ウルトラファイト』制作第171話~第180話

ウルトラファイト

ウルトラファイト』制作第171話~第180話

 

「血と砂のバラード」

ウルトラファイト』制作第171話

1971年5月4日放送(放映第152話)

 

岩場に残る不気味な血痕。

その先の海岸ではセブンとエレキングが戦っていた。

自然を愛するセブンだったが戦いで美しい浜辺を血に染めていく…。

この血はエレキングのものだろうか? ウルトラシリーズでは流血等の生々しい描写は避けられていたのでちょっとドキッとした。

勝利を収めたセブンは何故かカメラを押しのけるような仕草をしてから勝ち鬨を挙げている。(カメラのレンズに着いた水滴を拭ったようにも見えるが) いきなりカメラを意識した行動をとったのでこちらも驚いた。

セブン○ VS エレキング

 

オリジナル版でも湖にいたからか、エレキングは水辺にいる事が多い気がする。

 

 

「罠の罠」

ウルトラファイト』制作第172話

1971年5月7日放送(放映第155話)

 

イカルスの仕掛けた罠に足を取られてしまったセブン。縄で足を岩に結ばれて行動範囲に制限が付けられてしまう。苦戦を強いられるセブンだったがイカルスを押し倒して逆に縄でがんじがらめに縛り上げて逆転勝利を収める。

セブン○ VS イカルス●

 

 

「海は青かった」

ウルトラファイト』制作第173話

1971年5月10日放送(放映第156話)

 

のどかな昼下がりにエレキングが浜辺で昼寝していると、そこに通りがかったセブンがうっかり岩を落としてエレキングを起こしてしまう。セブンは謝るもエレキングは怒りが収まらない。殴り蹴るエレキングに対し、自分が悪いと知っているセブンは終始無抵抗。気が済んで去るエレキングに対し、セブンは意識を失う最後まで謝り続けるのだった。

昼寝するエレキングと殴られ蹴られ続けてもひたすら謝り続けるセブンと言う『ウルトラファイト』でも有名な話。いつもだったら逆切れしたセブンがエレキングを倒して終了だったと思う。
エレキングのあちらこちらに血が付いているが前回の戦いで負った傷だろうか?

エレキング○ VS セブン●

 

 

「くたびれ損の骨もうけ」

ウルトラファイト』制作第174話

1971年5月13日放送(放映第159話)

 

裏山に近い土手で人間達が捨てたゴミを漁っていたイカルス。西洋風の剣を掘り当てたイカルスを見てキーラーも掘りたいと訴えるがイカルスは拒否。剣を捨ててイカルスとキーラーの戦いが始まる。

そこにやって来たセブンはイカルスとキーラーの戦いを止め、3人で仲良く掘る事に。『ウルトラファイト』では珍しく仲裁が成功した。いつもだったら戦いを止めない二人に逆切れしたセブンが二人を倒して終了だったと思う。

そして仲良く掘った3人が見付けた物は殺された怪獣の骨だった…。

ゴミ捨て場や舗装された土手等、人間の存在が明らかになる話。今も近くに住んでいるのか、それとも既に人間はいなくなってしまったのか…。

因みに人間が捨てた剣との比率でセブンや怪獣達は人間と同じ大きさだった事が分かる。

いつもと違った絵本を読んでいるようなナレーションが印象的な話であった。

セブン△ VS イカルス△ キーラー△

 

 

「怨念! 小島の春」

ウルトラファイト』制作第175話

1971年5月18日放送(放映第162話)

 

一輪の風に乗ってどこからか舞い降りてきた三度笠。三度笠の事は知らないがこれは欲しいと言う好奇心で奪い合いを始めるセブンとキーラー。何故にそこまで拘る?と突っ込みたくなるほど必死過ぎな二人の大人げない争奪戦が見物。

最後はセブンが怪電波(ワイドショット?)で三度笠を燃やし、空しいまま話が終わってしまう。

セブン△ VS キーラー△

 

新規撮影版で唯一セブンが光線技を使ったのとあまりにも大人げない三度笠争奪戦で「海は青かった」と共に『ウルトラファイト』の中でも有名な話。有名作2本でのセブンのキャラの極端振りが実にカオスだ。

 

 

「波涛! 三段拳法」

ウルトラファイト』制作第176話

1971年5月26日放送(放映第168話)

 

新しい拳法を開発しようと砂浜でトレーニングをしていたイカルスだったが、昼寝をしていたウーに躓いてしまってバトル突入。

寝転がっているウーが完全に海辺のゴミと化していた…。

イカルスは戦いの途中で波涛・三段拳法を編み出して見事に勝利。手刀を三連続で相手に打ち込む技なのだが最後の攻撃が手刀ではなく本物の刀に見えたのは気のせいだろうか? イメージ映像か、それとも…? 砂浜に突き刺さっていた刀が気になるお話。

イカルス○ VS ウー●

 

 

「吸血の岩」

ウルトラファイト』制作第177話

1971年5月21日放送(放映第165話)

 

「野郎っ! 血ぃ見さらせぃ!!」。

真っ暗な洞窟の中で戦い続けるウーとエレキング。やがて両者とも力尽きてしまう…。

BGMが無く、波打ちの音だけが響き、ナレーションも無くなる中、血が降りかかる岩を挿んで繰り広げられる暗闇の戦闘が怖い。洞窟の中にある吸血の岩が血を得る為に殺し合いをさせたように見えるが…。

ウー△ VS エレキング

 

 

「必殺! 居合の浜」

ウルトラファイト』制作第178話

1971年6月3日放送(放映第174話)

 

木の棒を手に持ち、互いに間合いを計るウーとキーラー。

長い睨み合いの末に訪れる決着。

ウーが倒れ、勝利したキーラーは木の棒を杖代わりに去っていくのだった…。

「怪獣道とは生きる事と見付けたり」byキーラー

どんなに善戦しても努力しても己が信念を貫こうとも勝たなければ全て無に帰す。それが『ウルトラファイト』。

それにしてもキーラーはいつの間に座頭市になっていたのだろうか?

キーラー○ VS ウー●

 

 

「潮騒は俺の子守唄」

ウルトラファイト』制作第179話

1971年5月31日放送(放映第171話)

 

昼寝を楽しんでいるキーラー。物凄くイイ顔で寝ている。

ところがいきなりウーに襲われて、いつものバトルに突入。殴り合い、石の投げ合いの末に…。実はキーラーは血まみれだった!

今のは夢か現実か、実は死に間際に見た走馬灯だったのか? 謎が謎を呼ぶお話。

 

今回のナレーションは「綺麗ですねぇ、美しい海ですねぇ」や「怖い話ですねぇ、恐ろしかったですねぇ」とあんた誰だよ?と言いたくなるような口調になっている。(淀川長治さんっぽい)

ウー○ VS キーラー●

 

 

「怪獣島異聞」

ウルトラファイト』制作第180話

1971年6月8日放送(放映第177話)

 

花束を抱えていそいそと駆けるエレキングを待っていたのはイカルスだった。「遅いわねぇ。何しているのかしらねぇ」って、女!? いつの間にイカルスが女になってエレキングと付き合う事になっていたのだ…!?

花を用意してデートに遅れたと弁解するエレキング。それを聞いたイカルスは「こんなの食えない」と豹変。いきなり殴りかかるイカルスに怒って殴り返すエレキングとなんともバイオレンスなカップル…。
結局はエレキングがダウンし、数日後、今度はエレキングは魚を持って来て、イカルスも喜び、二人は仲良く抱き合うのだった。

イカルス○ VS エレキング

 

次の話と共に怪獣が女性キャラを演じると言う『ウルトラファイト』でしか出来ない色々な意味で伝説の話。