読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

『ウルトラファイト』制作第131話~第140話

ウルトラファイト

ウルトラファイト』制作第131話~第140話

 

「怪獣ゲバゲバ地帯」

ウルトラファイト』制作第131話

1971年2月9日放送(放映第92話)

 

今日もトレーニングに余念の無いイカルスを嘲笑うセブン。さすがはアギラの親分だ。

怒ったイカルスの「ヘイ! カモン!」でセブンとイカルスの戦闘開始。トレーニングオーバーで疲れてしまったイカルスは何とかセブンの逆エビを跳ね返すも逃げるところを捕まって組み合ったままセブンと一緒に崖下へ。やがてセブンのみが這い上がって来てセブンの勝利が確定。地道に努力しているイカルスが報われないのが『ウルトラファイト』らしい?

セブン○ VS イカルス●

 

 

「怪獣極道」

ウルトラファイト』制作第132話

1971年2月12日放送(放映第95話)

 

歩いているセブンを後ろから追って来るウー。「売られた喧嘩は買わにゃあなるめぇ!」と言うセブンの言葉で戦闘開始。力のウーと手数のセブン。最後はウーが岩を抱えて突撃するもセブンに避けられて自爆となった。

セブン○ VS ウー●

 

 

「星も砕けよ!」

ウルトラファイト』制作第133話

1971年2月22日放送(放映第101話)

 

トレーニングをしているエレキングの横を通り過ぎるセブン。自分を無視したと怒ったエレキングは岩を投げるがセブンに返され、そのまま戦闘開始。猛然と攻撃するエレキングだったが結局は敗北。

気のせいか、この作品はトレーニングをすると必ず負けてしまうような…。

セブン○ VS エレキング

 

 

「宇宙陰陽の構え」

ウルトラファイト』制作第134話

1971年2月17日放送(放映第98話)

 

道中やや急ぎ足のセブンをシーボーズが待ち伏せして不意打ちする。

セブンが宇宙陰陽の構えを取ったのを見たシーボーズも真似て構えを取るがナレーション曰く「ラジオ体操みたい」。ところがその後の殴り合いはシーボーズが優勢。…構えの意味は?

最後は勝ったと思って油断したシーボーズをセブンが不意打ちして勝利。結局最後は不意打ちか! 構えの意味が無かったぞ!

セブン○ VS シーボーズ

 

 

「眠るか眠らすか」

ウルトラファイト』制作第135話

1971年2月23日放送(放映第102話)

 

暴れん坊イカルスと喧嘩屋ウー。顔を合わせた好敵手二人はさっそく喧嘩。一進一退の戦いが続くが最後はウーの右ストレートが決まって決着。

ウー○ VS イカルス●

 

 

「闇からのメロディー」

ウルトラファイト』制作第136話

1971年2月10日放送(放映第93話)

 

冒頭の場面で何やら建築物らしきものが見えるのだが…。

 

顔を合わせたエレキングとイカルス。

「オッス!」、

「ヨロシク!」、

バーン!!

で戦闘が始まる流れがテンポ良い。

最後はイカルスの突進をエレキングが跳ね返して勝利。

エレキング○ VS イカルス●

 

 

「イカルスはパンチがお好き」

ウルトラファイト』制作第137話

1971年2月15日放送(放映第96話)

 

岩で国際親善サッカーを行うイカルスとシーボーズシーボーズは怪獣界ではサッカーの名手らしい。前年に開催されたワールドカップの影響かな?(1968年に開催されたメキシコシティオリンピックで日本サッカーが3位入賞したのも関係していそう)

最初はサッカーをしていたのだが、イカルスが蹴り上げた岩がシーボーズの頭に当たってしまい戦闘開始。喧嘩が飯より好きで右ストレートに定評のあるイカルスと粘っこい事では怪獣界ナンバー1のシーボーズの戦い。イカルスがパンチでシーボーズを倒すが、そのまま間違って岩を殴ってしまい、痛さでイカルスもダウン。なんと引き分けに終わる。

イカルス△ VS シーボーズ

 

 

「怪獣チャレンジャー」

ウルトラファイト』制作第138話

1971年2月25日放送(放映第104話)

 

エレキングが平和に昼寝をしているが、そこにやって来たウーはエレキングに砂をかけて挑発。怒ったエレキングは起き上がってウーと戦闘開始。

エレキングを挑発するウーがなんかカッコイイ。

燦々と日の光を浴びながら戦う両者。無茶苦茶戦法を繰り出すウーが最後は巴投げでエレキングを倒して勝利。あの着ぐるみで後ろ蹴りを決められるウーは凄い。さすがチャレンジャー。

ウー○ VS エレキング

 

 

「消えて貰います」

ウルトラファイト』制作第139話

1971年2月11日放送(放映第94話)

 

ウーのドアップシーン。ここまで顔がはっきり見えるのは珍しい。

今回はリーチの長いシーボーズと接近戦が得意なウーの激突で、最後はウーのパンチがシーボーズの顎を捉えて見事勝利を収める。

ウー○ VS シーボーズ

 

 

「栄光なき野郎ども」

ウルトラファイト』制作第140話

1971年2月19日放送(放映第100話)

 

待ち合わせをして戦うエレキングシーボーズだったが、エレキングは少し遅れて来たらしく、待っていたシーボーズがえらく怒っている。

戦法の無い無茶苦茶な戦い。激しいパンチを繰り出して両者疲れてくるも死ぬまでやるぞデスマッチ! 最後はエレキングが逃げる振りをして、追って来たシーボーズを肘で返り討ちにして勝利。不意打ち紛いの栄光無き勝利であった。

エレキング○ VS シーボーズ