読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

『仮面ライダーゴースト 伝説! ライダーの魂!』 最終章「1号&平成編」

仮面ライダーゴースト

仮面ライダーゴースト 伝説! ライダーの魂!』

最終章「1号&平成編」

2016年4月29日発売

脚本 毛利亘宏

監督 石田秀範

眼魔ウルティマ・アレクサンダー ウルガ バッファル 登場

 

『DX仮面ライダー45ゴーストアイコン&伝説! ライダーの魂!DVDセット』に収録されている。

時系列的には第1章から第6章→『仮面ライダー1号』→最終章と言う感じ。

TVシリーズとの繋がりは不明だが『ゴースト』第24話でウルガがショッカーを見限る話があるので、第1章から第6章→『ゴースト』第24話→『仮面ライダー1号』→最終章と言う感じになるのかな?

第1章から第6章までも収録されている。配信時も思ったが、一つの話の時間が短いので、まとめて見た方がこの作品は楽しめる。

 

仮面ライダー1号』で地獄大使を利用してアレクサンダー眼魂を作らせた謎の存在の声を飯塚昭三さんが担当していて、本作に登場する闇の意志の声も飯塚さんが担当しているので、おそらく両者は同一人物と考えられる。

闇の意志の正体は不明だが、仮面ライダーと戦ってきた怪人達の存在が関わっているらしく、ヒーローと言う光に対する闇の存在と言ったところかな。どちらかと言うと観念に近い存在かもしれない。

 

第6章まで登場していたフレイ&フレイヤやシバルバの謎は解かれていない。これまでの描写で推測するに、フレイ達とシバルバの世界にはヒーローである仮面ライダーがいないので、フレイ達は仮面ライダーであるタケル達がいる世界にやって来て、仮面ライダーの力でシバルバを倒そうとしたと言ったところか。

フレイ達のいた世界はどこなのかだが、仮面ライダーとの戦いで命を落としたラスボス達を使っていたので、死後の世界に絡んでいるのかもしれない。

 

第6章の最後でフレイ達は「本当の危機はこれから訪れる」と言っていて、最終章で闇の意志が動き出す事を予言していた。その闇の意志を『仮面ライダー1号』に登場した謎の存在と同一人物だと仮定した場合、謎の存在も死の世界を彷徨っていた地獄大使と接触しているので、謎の存在も死後の世界に絡んだ存在と考えられる。最終章でも闇の意志は命を落としたはずのウルガ達を復活させているし。

 

最終章で闇の意志がアレクサンダー眼魂を手に入れる事が出来たのは謎の隕石の力によるもの。この隕石の正体は完全に謎。よくは分からないが、宇宙から来た謎のエネルギーが地球の死後の世界や地球と重なっている別の世界に影響を与えているのかもしれない。

「死後の世界」にどうして「宇宙からのエネルギー」が?とも思うが、アカリがお化けとかを科学的に解明するとTV本編で言っているので、ひょっとしたら、宇宙から降り注いだエネルギーが原因で眼魔の世界がなんたらかんたらと言う展開になるのかもしれない。『ジョジョの奇妙な冒険』でスタンドの秘密は宇宙からの隕石だったとなったように『ゴースト』もそんな感じになるんじゃないかなと。

 

平成魂を使う時に全平成ライダーの紋章がそれぞれ発動するのだが、龍騎の紋章だけ(おそらくミスで)発動する場面が無かったのは残念。