読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「DIE OR KILL」 『仮面ライダーアマゾンズ』Episode4

仮面ライダーアマゾンズ

「DIE OR KILL」

仮面ライダーアマゾンズ』Episode4

2016年4月22日配信

脚本 小林靖子

監督 田崎竜太

アリアマゾン 登場

 

血飛沫を赤色で表現しなければ使用可能と言うのは『仮面ライダーゴースト』でも行っていた事。確か『仮面ライダーディケイド』でもやっていた記憶がある。この辺りはスタッフの苦心が見える。自分は特にグロ表現が好きなわけではないが『アマゾンズ』の方向性を考えるとこの表現は必要だと思うので、今回の話の後半で血や体液が乱れ飛んだのは「遂にやってくれたか!」と思った。

 

今回は悠が戦う覚悟を付けるまでの話。

自分がアマゾンである事を知った悠は母の言葉を受けて駆除班と共に戦う事を決めた。人間と共にアマゾンと戦う事で自分は「人間」側に立っている存在だと証明する為である。しかし、仁が言うように「人間はそんな事は考えない」。自分が人間側か怪物側かと言うのは人間ではない存在が悩む問題なのだ。「自分は人間である事を証明する」と言う悠の決意が逆に「悠は人間ではない」事を証明してしまうと言うのが皮肉。

これまで大人しかった悠だが人間として戦う事を決意していく中でどんどん攻撃的になっていく。人間である為の戦いによって逆に悠が人間から化け物に近くなっていくと言うのもまた皮肉。ここは仮面ライダーも怪人もどちらも同じ「人間ではなくなった存在である」と言う仮面ライダーシリーズの精神を受け継いでいると言える。

 

マモルは人間を食さない代わりにハンバーガーを食べて栄養を補給する事で戦うとなっていて、今回の話では悠もマモルからハンバーガーを受け取って食べて戦っている。人間を食さずに栄養補給して戦える事で一見すると人間らしい行動ではあるが、これも仁に言わせると「人間は間接的にでも何かを殺して生きている」となり、自分の手で鶏を絞め殺して食事している仁と今回のマモルや悠は同じであるとされた。実際、ハンバーガーには肉が使われているので、自分の手で殺した殺していないの差があるだけで、他の生物の命を奪って自分は生きていると言う構図に違いは無い。仁の卵を食べて変身も含め、何かの命を取り込む事で変身して戦うと言うのは非常に秀逸な設定だと思う。

 

現在、『アマゾンズ』のドラマを引っ張っているのは駆除班のメンバー。今回登場した調査班もだが、駆除班は基本的に戦う覚悟が出来ているので、その辺りでウダウダ悩まず話を進めていけているのが良い。唯一悩んだのはメンバーであった大滝の処遇に関してであったが、さすがにこれは悩まないといけないエピソードなので。

現在の駆除班は普通の人間でありながらアマゾンと戦いを繰り広げるリーダー志藤を俊藤光利さんが好演。作品が違うが『ウルトラマンネクサス』の溝呂木が闇に魅入られず、そのままナイトレイダーの隊長になっていたらこうなっていたのかなと感じる。

その他、格闘に秀でている高井、道具を駆使したプロフェッショナルな対応を見せる福田、お喋りで軽い感じの三崎とそれぞれキャラが立っていて面白い。また、駆除班がマモルの事を仲間として完全に受け入れているのもこの手の設定の作品では意外と珍しくて新鮮。

 

野座間製薬だが今回の水澤の駆除班への対応を見ると、この人は人間としてどうなのかなと思う部分がある。アマゾン駆除に対する責任と言うより何か大切なものが欠けていると言う感じ。ここは職務優先で人間味を排しているようでありながら危機には駆除班の心配をした加納とは対照的。

駆除班とアマゾンの戦いが野座間製薬の重役会議場に映し出される。映像を見るに高井に付けられたカメラのようだが、彼女が知っているのか知らないかで高井の今後に大きく関わる。水澤や加納は駆除班の戦いの映像が会議に映し出されるとは思っていなかったようなので、もし高井がカメラの事を知っていて、今の映像が会議場に映し出される事も知っていたのなら、彼女は橘か天条と繋がっていると言う事になる。

 

仮面ライダーアマゾンオメガは口を開かない。今回の話ではハンバーガーを食べる際にオメガから悠の姿に戻っているが、ひょっとしたらオメガのデザインに口が無いのは何か意味があるのかもしれない。本作のテーマから考えると「オメガは口が無い」=「自分以外のものを食さない」とか。

 

 マンションでワラワラと出てくるアマゾンを見ると、本作における「アマゾン」とは「ゾンビ」に近いものと言える。人間を襲うところとかも。

 

『アマゾンス』で面白いのは駆除班メンバーの描写なのだが、駆除班はキャラやドラマは良いのだが設定に無理があるのが残念。どう考えても1班では対処出来ないので2班体制にすべきだし、人食いのアマゾンの調査を行う調査班に武器が無いのも無茶すぎるし、今回の話だと駆除班は一度玄関まで来ているのでそのまま外に出てヘリで屋上に行けば良いのにと思う。大人も視聴対象に入れるのならこの辺りの処理をもっとちゃんとしてほしいところ。