読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「最も危険なゲーム」 『動物戦隊ジュウオウジャー』第10話

動物戦隊ジュウオウジャー

「最も危険なゲーム」

動物戦隊ジュウオウジャー』第10話

2016年4月17日放送

脚本 香村純子

監督 柴崎貴行

ギフト 登場

 

第1クールの節目となるであろう回で遂にジニス自らがブラッドゲームに参加。

その内容は「触れると消滅する壁で作ったドームの中に人間を閉じ込める」で「制限時間内にスイッチを見付けたらドームは解除されるが、それは同時に殺戮兵器ギフトの起動スイッチでもあった」と言うとんでもないもの。一度は希望を持たせてから絶望に叩き落とそうとする姿勢がタチが悪い。

 

ところでスイッチの場所だが、ドームの中心地に置いてあったと推測される。何故なら一応は「ドームの解除スイッチ」なのだから、ドームの端っこに置いて開始数分でドームの壁の向こう側に行ってしまったらゲームが成り立たない。なので一番最後に壁が迫り来る場所、つまりドームの中心地に置かれてあったと考えられる。今回は大和の視力を始めとした本能覚醒の能力が使われていたが、タスクあたりは能力の他に考える事もしてスイッチを探してほしかったな。

 

これまでデスガリアンの殺気をジューマン達が察知して話が始まっていたので、ジニスが送り込んだギフトは殺戮兵器なので殺気等も無いと言うのはジニスと他のデスガリアンとの格の違いが見えて面白い。

 

本作は人間である大和とジューマンであるタスク達とでは立場が違う部分があり、それを今回は冷静な視点を持っているアムが指摘するのだが、そこからドームで区切られてしまった親子を出し、人間もデスガリアンによってタスク達と同じ状況に置かれているとした流れがやや強引ながらも上手かった。今後は人間もジューマンもデスガリアンによって危機に陥っていると言う状況がより強調されてくると思うし、そこから大和の決め台詞である「地球を舐めるな!」が生きてくる展開になると思う。

 

謎の男が遂に登場。神が白髪になったのはラリーと同じく大和にジューマンパワーを与えたからであろう。