読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「サバンナのメロディー」 『動物戦隊ジュウオウジャー』第8話

動物戦隊ジュウオウジャー

「サバンナのメロディー」

動物戦隊ジュウオウジャー』第8話

2016年4月3日放送

脚本 香村純子

監督 竹本昇

バイカー 登場

 

人間を暴走させて自滅させると言う作戦はクバルチームの怪人かと思いきや意外にもアザルドチームの怪人であった。でも、ヤバイカーの分かりやすい性格は確かにアザルドチームの怪人だった。

 

今回はレオのお話。自分が巻き込んだせいで大輔に怪我をさせた事を理解しながらも、それでもオーディションには行けとはっきり言えるのが彼のキャラ。ここは人間(と言うか日本人)ではないジューマンだから出来た描写とも言える。日本人だとどうしても自分が怪我をさせてしまった後ろめたさがもう少し前面に出てしまっていたと思う。この竹を割ったような性格は最近の日本のヒーロー作品では意外と少なくて貴重かもしれない。

 

今回はレオの声の大きさとセラの耳の良さが取り上げられた話。セラってツッコミ役なのかなと思っていたが今回の話を見るに意外と天然ボケなところがあるのかもしれない。前作の『手裏剣戦隊ニンニンジャー』がボケ役が多いと思いきや意外とツッコミ役が多かったのに対し、本作はツッコミ役かと思ったタスクやセラが意外とボケ役なのかもしれない。

 

大輔のオーディションの始まりと同時にレオの戦いが始まるのはベタだがやはり良い。大輔が怪我をした右手でレオがヤバイカーをぶん殴るのは燃える!

 

今回はジュウオウキングとジュウオウワイルドが並び立つ。一度合体すれば途中で操縦者が一人抜けても動かせる事が出来るのね。