読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「働け! ガンライザーNEO!」 『鉄神ガンライザーNEO2』第5話

鉄神ガンライザーNEO

「働け! ガンライザーNEO!」

『鉄神ガンライザーNEO2』第5話

2015年9月13日放送

 

さすがは露伴先生だと思う話。

民族学者で色々な知識を持っていたとは言え、この状況ですぐに事態を把握できる辺り、やはりこの人は只者ではない。

 

スーパーをクビになったアラタは自分にはヒーローが天職だと思うと発言。一方のスグルもモテない自分では結婚も出来ないし子供も出来ないので、このままでは日高見家の血筋が途絶えてしまうと焦っていた。そこでスグルはガンライザーを何でも屋の職業にする事を提案。兄弟の利害は一致し、アラタはガンライザーとして活躍してお金を稼ぐ事で生きがいを感じ、スグルはそれに乗っかってモテようと企む。

ヒーローに変身する人間の仕事や収入はどうなっているのかと言うのは昭和のヒーロー作品では殆ど描写されなかったので、後にパロディ作品等で色々とイジられるネタとなった。それを経た平成のヒーロー作品では戦いとは別に稼がなくては生きていけないヒーローの大変さを描いた作品も出るようになった。

今回の「何でも屋ガンライザー」もその流れを汲むものであるが、一方で地域に密着して各種イベントで活躍するローカルヒーローの仕事内容をそのまま番組劇中に組み込んだものとして、メタ要素を上手くストーリーに昇華したと言える。

 

尚、NEOが手伝ったヒーローショーは『郷炎神ヒャクシカイザー』。岩手県奥州市江刺区のローカルヒーローで鴉忍衆と戦っている。デザインがかなりカッコイイ!

 

『郷炎神ヒャクシカイザー』公式ブログ

郷炎神ヒャクシカイザー

 

 

再び現れたヒデージャだったが記憶を全て失っていた。

一つだけ残った勾玉を手にしたヒデージャも謎の声を聞き、戦いの中で記憶と力を取り戻していく。このヒデージャ復活シーンはまさに魔王復活!と言う感じがして実に盛り上がる。

 

次々に舞い込む仕事にアラタは過労で疲れていくが、こんな自分でも人の役に立てると言う事を実感できるのでもっと働きたいと言う。アラタは仕事が上手くいかなくなった事で自己評価が低くなり、そんな低い自己評価を人並みまでに引き上げる為に一般的な人より無茶な要求を自分に課してしまう。本作ではその無茶な仕事内容をヒーローのそれとしているが、これは現実における過労死やらブラック企業やらの問題にも繋がる闇と根の深い問題でもある。

 

NEO、キャバクラに行く。

何だろう、井上敏樹脚本を思い出すw

女の子にモテなかったので夜の繁華街をマスクオフ状態で泣きながら激走するヒーローなんて初めて見たw

変身して女の子にモテるアラタに嫉妬したスグルは自分もガンライザーANIに変身する。お前、『NEO』では結構な決心をしての変身じゃなかったっけ? そんな簡単に変身できたのか?