読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「時を駆ける露伴」 『鉄神ガンライザーNEO2』第4話

「時を駆ける露伴

『鉄神ガンライザーNEO2』第4話

2015年9月6日放送

 

ロックバンドに加入していたスグルだったが、ロックバンドにマトリョミンは必要無いと言う事でクビになってしまう。本当はマネージャー募集だったのだが、バンドをすればモテると考えたスグルが無理矢理に5人目のメンバーとして加入したらしい。

いや、うん。まぁ…。むしろ、よく今まで怒られなかったもんだと思う。

因みにこのバンドが演奏している曲はシリーズ最初の主題歌である『たたかえ! ガンライザー』。

 

戦いの連続で傷が癒えず、逆に傷のせいで撤退を余儀無くされる事で時雨は瞑想ドームで治癒状態に入る事を決める。これで時雨は三日間動きが取れなくなる。ところで時雨が使用している各種アイテムは未来で普通に流通しているものなのだろうか? 30年経てばこのくらいは技術が進歩していそうな気もするが、その一方でオーパーツ的な超技術な感じも受ける。

 

謎の声を聞いたパッカーは人間は物の怪の敵だとして街で暴れ出す。こんな直接的な破壊行動に出たパッカーは初めてだ。人々が襲われているのを見たアラタはNEOに変身してパッカーを撃退するが、店長はそれはウチの業務内容に含まれていないとしてアラタをクビにしてしまう。いやいやいや、パッカーが暴れていたのはアンタのスーパーの駐車場だから襲われた人や車はあなたの店のお客さんだよ、とツッコもうと思ったが、そう言えばスーパーは駐車場でのトラブルには責任は負わないんだったっけ。

自分には父親から引き継いだスーパーを守る義務があるとして、岩手を守るヒーローなんて必要無いと言う店長。その言葉自体は間違っていないと思うが、ここでの店長の言動が結果的にアラタを闇堕ちさせて岩手全体を危機に陥れる事になる。描写は無いが、おそらくこのスーパーも無事ではいられなかったと思う。自分の身さえ良ければ他人は関係無いと言う考えが結局は自分の身も滅ぼしてしまう事になった。

ところでこの店長は『NEO』の巡査長のようなフォローはされなかった。世の中にはそう言う人間もいると言う事なのだろうが、撮影場所となったスーパーに番組は怒られなかったのかとちょっと気になる。それくらい視聴者に嫌われる描写がされた人物であった。

 

露伴とイヅーナは1年前にタイムスリップ。ここで露伴は『NEO』第4話にあった自身の初登場シーンを目撃する事になる。さすがの露伴も自分がタイムスリップしたと言う事実に動揺は隠せず、さすがに狼狽している。