読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「未来からやってきた女」 『鉄神ガンライザーNEO2』第3話

鉄神ガンライザーNEO

「未来からやってきた女」

『鉄神ガンライザーNEO2』第3話

2015年8月30日放送

 

リアスマリンの危機に現れたのはパッカー。かなりカッコ良い登場をしてくれる。

ZEROは怪我をしているので長期戦が出来なかったのもあるが今回のパッカーは結構強い。川の近くで戦ったからかな。

一方のリアスマリンだが近くに水があっても特に強くなったと言う描写は無かった。ZEROとの戦力差が元から大きかったのもあるが、謎の男の回復力が低下していたのと合わせると、未来から来た謎の男と謎の女は現代に比べて物の怪の力が弱まっているように見える。

 

岩鷲大学で講義をしている露伴だが受講生達は途中で全員寝てしまう。

あんな騒がしい講義を聞きながら寝られるとは信じられないが、興味関心が薄れた話と言うのはどうしても退屈になってしまうのかな。

 

今年に入って森の動物達が騒ぎ出したとしてイヅーナが露伴の所に相談にやって来る。奥州市の衣川にある磐神社では今年に入ってから失踪事件が続発していて、帰還した人々は皆「時を旅した」と口にしていた。興味を持った露伴はイヅーナと共に磐神社に向かう。

磐神社の歴史を紐解くと中央と奥州の長い戦いの歴史が見えてくる。いずれ蝦夷の話だけでなく安倍氏奥州藤原氏の話も『ガンライザー』の物語に組み込まれるのかもしれない。

尚、磐神社を調査している時の露伴のセリフから『NEO』で露伴がアラタ達と出会ったのは2014年5月5日である事が判明する。てっきり放送日とリンクしていたのかと思ったが違った。

 

30年後(2045年)の未来から来た謎の女ナナは未来でかぐらからお守りを託されていた。ここの回想シーンで未来のかぐらが出てくるが、ナナの年齢を考えると実年齢以上に若く見える。役者の都合だろうけれど、ひょっとしたら、物の怪の血が濃いと年の取り方も普通の人間とはちょっと違うのかもしれない。

 

ここでZEROに変身する謎の男の正体がナナの弟・時雨である事も判明。二人の姉弟の名前は八幡平市にある七時雨山に由来していると思われる。この山は山頂からは姫神山も望めるらしい。

 

『NEO』でバイクに乗ったNEOを職務質問した橘巡査長が再登場。

アラタの身の上話を聞いて、ヒーローが契約社員とは世知辛い世の中、子供の成長は早いから1年も経ったら流行も変わってしまう、と同情する。しかし、ガンライザーが活躍すると言う事は岩手が危険にさらされている事だから、寂しいけれどガンライザーが人々から忘れ去られているのは平和な証拠とも語る。この辺りは自身も警察官と言う職業だから分かる部分なのかもしれない。