読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

『ウルトラセブン』まとめ

ウルトラセブン

ウルトラセブン

1967年10月1日~1968年9月8日放映

 

概要

ウルトラシリーズ第3弾(東映制作の『宇宙特撮シリーズ キャプテンウルトラ』を含めると第4弾)

 

人気絶頂だった『ウルトラマン』が制作が放映に追いつかなくなって終了したのを受け、半年の準備期間を経て制作された。

最初の企画『ウルトラ警備隊』は宇宙開発を舞台にウルトラ警備隊の宇宙での活躍を描く内容だった。その後、『ウルトラマン』のヒットを受けてヒーローと怪獣を登場させる事になり、遊星間戦争に巻き込まれた地球を舞台に超能力を持つ青年・諸星弾の活躍を描く『ウルトラアイ』に変更され、『レッドマン』を経て、最終的に『ウルトラセブン』となった。

 

ウルトラマンセブン」と呼び間違えられる事があるが、「ウルトラセブン」とは「ウルトラ警備隊7番目の隊員」と言う意味で、実は他の「ウルトラマン○○」とは名前の由来が大きく異なっている。

因みに作品の題名は『ウルトラQ』『ウルトラマン』『ウルトラセブン』と『ウルトラ○○』が続いていて、題名が『ウルトラマン○○』となるのは『ウルトラマンA』からである。

 

 

登場人物

ウルトラセブン(上西弘次 森次浩司)

身長 40m

体重 3万5千t

光の国M78星雲の観測員340号。名前の意味は「ウルトラ警備隊7番目の隊員」。

自分の命を犠牲にしてまで仲間の命を救おうとした地球人・薩摩次郎の行動に感動し、薩摩次郎をモデルに地球人モロボシ・ダンに変身し、ウルトラ警備隊に入隊して侵略者の魔の手から地球の平和を守る為に戦う事となった。

戦いではアイスラッガーエメリウム光線、ワイドショット等を使用。また、話し合いで無駄な戦いを回避しようとする事もある。

当初は活動制限は無かったが、ポール星人との戦いで弱点の寒さの為に体内のエネルギーを著しく消耗し、以降は太陽エネルギーが残り少なくなると額のビームランプが点滅するようになった。

最後は長い戦いの果てに命を縮めてM78星雲へと帰っていった。

 

 

ウルトラ警備隊

地球防衛軍が誇る6人の精鋭。

地球防衛軍はパリに本部を持ち、世界各地に支部があり、宇宙ステーションVシリーズを保有している。極東基地は二子山の地下に建設されていて普段はカモフラージュされている。

ウルトラホーク1、2、3号で数多くの侵略者を撃退したが、超兵器R1号等の超兵器が逆に侵略者を呼んでしまう事もあった。

危機管理がしっかりしているようでしておらず、侵略者の侵入を許す事がかなりあった。

 

モロボシ・ダン(森次浩司)

ウルトラセブンが薩摩次郎をモデルに変身した地球人。透視能力やテレパシー等を使用できる。

怪しさ大爆発な風来坊ながらクール星人事件での活躍が認められてウルトラ警備隊に入隊する。

やや理想主義的なところがあって現実とのギャップに苦しむ事がある。また、純粋な地球人ではない為、他の隊員との間に溝が出来てしまう事もあった。

ウルトラアイでウルトラセブンに変身するが侵略者に奪われてしまう事もあった。その時の為にカプセル怪獣なるものを携帯している。

最後は想いを寄せていたアンヌ隊員に自分がウルトラセブンである事を告白した。

 

ユリ・アンヌ(菱見百合子)

隊暦2年で東京都出身。年齢はおっと失礼。ウルトラ警備隊の隊員でありながら、メディカルルームで看護も担当している。

怖がりなところがあるが徐々に克服していく。知り合いが次々と事件に巻き込まれていく。

ダンに想いを寄せていて、自分はウルトラセブンだったんだと言うダンの告白も真正面から受け止めた。

 

キリヤマ(中山昭二

隊暦16年で東京都出身。38歳。ウルトラ警備隊の隊長。

地球の平和を守らなければならない立場上、何度か辛い選択を迫られる。人間の予知能力や霊感を信じると言う意外な一面がある。

 

フルハシ・シゲル(石井伊吉

隊暦7年で北海道出身。29歳。ウルトラ警備隊きっての怪力の持ち主。

故郷に母と妹がいる。また、本人曰く妹の友達であるナツコと言う女性がいる。地球の平和を守る為には強力な兵器の所有もやむなしと考えている。

 

ソガ(阿知波信介

隊暦3年で九州出身。25歳。ウルトラ警備隊一の射撃の名手。

占星術を気にする癖がある。京南大学の南部冴子と婚約して、それを周囲に自慢しまくる。ダンと最も気が合った友人でもある。

 

アマギ(古谷敏)

隊暦2年で名古屋出身。24歳。ウルトラ警備隊が誇る名プランナー。なのだが、高所恐怖症や火薬恐怖症であったりと現場ではイマイチ。

ソガ隊員とは気が合わないらしく、口喧嘩が絶えない。

 

ヤマオカ(藤田進)

地球防衛軍の長官。侵略者に対して毅然とした態度をとり、現場の苦労にも理解を示す。

 

マナベ(宮川洋一)

ウルトラ警備隊の参謀。キリヤマ、クラタ両隊長の上官でもあったらしい。

 

タケナカ(佐原健二

ウルトラ警備隊の参謀。キリヤマ隊長に代わって指揮を執る事もあった。

 

クラタ(南廣)

宇宙ステーションV3の隊長。キリヤマ隊長の親友で互いを「モグラ」「悪党」と呼び合っている。

 

ナレーション(浦野光

 

主題歌・・・『ウルトラセブンのうた』

 

 

総括

シリーズの中でも屈指の知名度と人気を誇る『ウルトラセブン』であるが、その一方で『ウルトラマン』の影に苦しめられた作品だったと言う一面もある。それはヒーローも怪獣も登場しない『ウルトラ警備隊』が『ウルトラマン』の影響でヒーローと怪獣が登場する『ウルトラセブン』に変更になった時から定められていたと言える。

 

ウルトラマン』の影響はウルトラセブンや宇宙人が無意味に巨大化する事に表れていたが、『ウルトラセブン』は等身大の宇宙人も多く登場させたし、操演宇宙人と言う『ウルトラマン』には無い新しい宇宙人像も生み出した。また、怪獣を敵ではなく味方として登場させたカプセル怪獣と言う素晴らしい発想もあった。ただ、それら操演宇宙人やカプセル怪獣の登場が思ったほど多くなかった事は残念であった。

後半は予算が切迫したが、逆に着ぐるみが登場しない話や着ぐるみとは違ったコスチューム形式の宇宙人を登場させ、『ウルトラマン』とは違った雰囲気が生まれる事となった。

 

ウルトラマンと別人格だったハヤタ隊員と違って、ウルトラセブンそのものであるダンの苦悩や葛藤は以降のシリーズに大きな影響を与えた。その他、常に巨人であったウルトラマンと違って、ウルトラセブンは等身大でも活躍できる事で本編のドラマにもヒーローを登場させた事は大きな驚きがあった。

 

最初からメカ特撮は充実させる予定だったらしく、地球防衛軍のメカ描写は『ウルトラマン』を超えている。また、地球防衛軍の設定をキチンと押さえたのはかなり評価が出来る。以降のシリーズで『ウルトラセブン』並みに組織全体を押さえていたのは『ウルトラマンティガ』『ウルトラマンダイナ』くらいであろう。

 

シリーズ最高傑作と言われる『ウルトラセブン』。こうして振り返って見ると、人気のある理由が分かる。

しかし、いくら人気があっても新作で『ウルトラセブン』の安易な模倣をする事は止めてほしい。過去の作品を簡単に見られるようになった現在、過去の作品と同じ場面を新作でそのまま見たいとは思わない。『ウルトラセブン』は『ウルトラマン』の安易な模倣にならないよう努力していた事を忘れてはいけないと思う。